韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国政府の負債比率54%、基軸通貨国以外の先進国の平均を超過

韓国政府の負債比率54%、基軸通貨国以外の先進国の平均を超過

韓国政府の負債比率がドル、ユーロ、円のような基軸通貨を使わない先進11カ国の平均を上回る見通しとなった。基軸通貨を使わない国家の負債比率が急速に高まれば、信用格付けの低下要因にもなりかねない。

国際通貨基金(IMF)が30日までにまとめた「財政点検報告書」によると、韓国の一般政府負債(政府・地方自治体・非営利公共機関の負債の合計)が国内総生産(GDP)に占める割合は今年末時点で54.1%と予想される。IMFが先進国に分類した35カ国のうち、基軸通貨を使わない韓国、ノルウェー、ニュージーランド、デンマークなど非基軸通貨国11カ国平均(53.5%)を0.6ポイント上回る。IMFが関連統計を開始した2011年以来で初だ。

韓国の急激な少子高齢化に低成長まで重なり、平均値との差は2027年に7.5ポイント(韓国57.7%、非基軸11カ国50.2%)まで広がると試算されている。延世大経済学部の成太胤(ソン・テユン)教授は「韓国のような非基軸通貨国で負債比率が急激に高まれば、国債発行などで問題が生じかねず、負債レベルの調整が重要だ」と指摘した。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/10/31/2022103180001.html

スポンサードリンク
韓国でこの5年間の政府債務の増加ペースが主要国平均の2.5倍に達するほど速い。韓国の国内総生産(GDP)に対する一般政府債務の割合は今年末54.1%になるとみられている。一般政府債務とは、国家債務(中央政府と地方自治団体の負債)に非営利・公共機関債務を合わせた広義の政府債務を意味する。債務増加幅は先進35カ国平均の2.5倍に達する。IMFは韓国の一般政府債務比率が5年後の2027年には57.7%に達すると予想している。

2015-05-29-wa-2.jpg

2060年には政府債務比率が今年の3倍を超えるという国内外機関の見通しもある。経済協力開発機構(OECD)は先月、韓国経済報告書で、2060年の一般政府債務比率が150.1%になると予測した。韓国開発研究院(KDI)と国会予算政策処は2060年に国家債務(中央政府と地方自治体の負債)の割合だけそれぞれ144.8%、161%に増えると見込んでいる。 もっとも2060年まで国が持つかのほうが危ぶまれるが…。政府の国家予算の過半が外責となる韓国。税収と同じ金額が政府負債として毎年加算される。外責を減らすすべの無い韓国は国家破綻まで時間的余裕はない。

関連記事

[ 2022年10月31日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp