韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮は連日ミサイル発射、韓国のミサイルは落下

北朝鮮は連日ミサイル発射、韓国のミサイルは落下

北朝鮮が連日ミサイルを発射している一方、韓国はミサイル発射に失敗している。 韓国空軍は3日、「今月2日に忠清南道保寧(ポリョン)の大川(テチョン)射撃場で行われた2022年誘導弾射撃大会で、国産の中距離ミサイル『天弓(チョングン)』1発が発射後、飛行中に自爆し、パトリオットミサイルは発射直前に射撃レーダーの異常で発射を取り消した」と明らかにした。これらのミサイルは航空機などを迎撃する地対空ミサイルだ。

 天弓は発射後、10秒あまりの燃焼で燃料をすべて消耗し、西海へと約25キロ飛行した後に爆発した。軍の関係者は「天弓は飛行の中間段階で誘導弾と射撃統制レーダーとの交信が保たれねばならないが、それが不安定だったと推定している。このミサイルは交信が不安定な状態で、特定の時間が経てば安全のため空中で爆破するように設計されている」と説明した。 天弓の交信の不良などについては、国防科学研究所(ADD)とメーカーが確認中。天弓は2017年の実戦配備以降、昨年までに17発が発射され、すべて成功しており、今回が初の発射失敗だと軍は語った。

スポンサードリンク
同大会では、迎撃ミサイル「パトリオット(PAC2)」に発射直前にエラーが発見されたため、発射を取り消したという。軍の関係者は「パトリオット射撃制御レーダーをモニターしていたところ、レーダーにエラーが表示された。実際の状況ではなく将兵の技量を競う大会だということと、射撃場近くの住民の安全を考慮して発射を取り消した」と説明した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/45011.html

2013-11-17-senkaku.jpg

北朝鮮は前日2日にも、短距離弾道ミサイルを含むミサイルを20発以上発射。1日のミサイル発射数としては過去最多だった。短距離弾道ミサイル1発は海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越え、韓国の領海近くの海上に落下した。南北分断後にミサイルがNLLを越えたのはこれが初めてとなる。

韓国軍は対抗措置として、NLLの北側に向けて空対地ミサイル3発を発射した。韓国軍が発射したミサイルも、NLLを越えて北側に落下したと、当局は説明した。北朝鮮による一連のミサイル発射は、アメリカと韓国が過去最大規模の合同航空訓練を行う最中に実施された。

一方韓国軍備は不備が多く、また訓練も怠っており、挙句に軍備の維持管理・定期点検も手薄であるから、いざと言う時の動きには追従できない。 北朝鮮は地球の自転を考慮すれば、訓練とは言え日本本土を避けた東へ打つしか無い。米軍は核保有国へ軍を派遣しないとしているわけで、北朝鮮は日本も射程に入れる可能性が高まる。

と考えれば、日本防衛は強化するしかない。北朝鮮を狙えるだけの軍備補強が不可欠となる。また中国の尖閣問題もあり、次第に日本防衛と日米の防衛連携方法も確立できるようにする必要がある。

関連記事

[ 2022年11月04日 07:53 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp