韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスン·ロッテ系列会社も金利年7%台で調達、厳しい資金確保

サムスン·ロッテ系列会社も金利年7%台で調達、厳しい資金確保

サムスン、SK、ロッテ、ハンファなど韓国主要大企業系列会社も年6~7%金利で資金を調達していることが分かった。資金市場が冷え込んだ影響だ。 2日、韓国金融投資協会によるとサムスン重工業は先月28日、私募社債300億ウォン分を年7.05%金利で発行した。この会社は4月、私募社債200億ウォン分を年4.3%に記録した。6か月間で調達金利が3.75%ポイント急騰した。

ロッテグループ系列会社も年7%台の金利でやっと資金を融通した。 コンビニ「セブンイレブン」を運営するコリアセブンは先月31日、私募社債200億ウォン分を年7.08%で発行した。 ロッテリアなどを運営するロッテGRSも先月21日、私募社債200億ウォンを年7.1%に記録した。5月の私募社債発行金利(年4.3%)に比べて2倍近く跳ね上がった。

SKグループの状況も似ている。SKネットワークスの子会社SKレンタカーは先月20日、公募社債で1000億ウォン(約100億円)を調達した。 調達金利は年6.11~6.29%と決定された。先月21日と28日にはそれぞれ私募社債100億ウォン分を年6.95%、年7.0%の金利で発行した。 SKグループ持株会社であるSK㈱は10日、2000億ウォン分の公募企業手形(CP)を発行する。CPで調達した資金で17日に満期となるCP2000億ウォン分を償還する計画だ。

スポンサードリンク
17日満期が到来するCPの発行金利は、年3.48~3.70%水準だ。 SKが発行するCPはSK証券を代表主管社に選定し、金利は年5%台と知らされた。相対的に低利に資金を調達するが、今回の借り換え(資金再調達)で利子費用が年42億ウォンほど増えることになる。 

ハンファソリューションは先月27日、公募社債1500億ウォン分を年6.04~6.18%で発行した。1月に社債3800億ウォン分を年2.88~3.03%に調達した時と比べて金利が2倍以上上がった。 他の大手企業の事情は、さらに悪い。山フューエルセルは先月28日、私募社債150億ウォン分を年8.0%で発行した。ジンエアーは先月31日発行した新種資本証券(永久債)620億ウォン分を年8.6%に記録した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/da8f073f0ca7b8002975e7b2a1b7e4170673cecc

2022-10-13-k002.jpg

韓国銀行は10月12日に定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年2.50%から3.00%に引き上げた。史上初の5会合連続での利上げとなった。前回8月は0.25%の利上げにとどめたが、物価高や対ドルでの通貨安を抑え込むため7月以来、史上2回目となる0.50%の利上げに踏み切った。政策金利が3%台になるのは2012年10月以来、10年ぶりだ。

韓国銀行は昨年8月に利上げに転じ、約1年2カ月の間に政策金利を0.50%から3.00%に段階的に引き上げている。0.25%ずつ利上げしていく」という金融政策の先行きを示す指針を破ってまで3カ月ぶりに再び0.50%利上げした背景には、物価上昇に歯止めがかかっていない事が背景にある。

日本の失業率は主要先進国で断トツの一位を維持している。円安効果ともいえる。悪い円安との報道があるが、GDP全体で見れば悪くはない。輸出比率が高い為で、輸入企業ばかりを取り上げるマスコミの悪ともいえる。 一方で韓国の失業率は数値はあてにならない。体感失業率が実質の失業率と考えれば、25%を超えるが…。 現在は記事にある様に、韓国の大手外資系企業の金利が7%台となると厳しい資金確保と言わざる負えない。

関連記事

[ 2022年11月06日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp