韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  FRBがもたらしたドル高は終盤段階、年末の韓国株式市場は「ひと息」

FRBがもたらしたドル高は終盤段階、年末の韓国株式市場は「ひと息」

今年の韓国ウォン相場は対ドルで20%下落した。最近のインフレの要因が多様であるように、ドル高も様々な要因から始まっている。まず、ドル高の最大の原因は、米連邦準備制度理事会(FRB)の急激な金利引き上げだ。FRBは3月から現在までの間に基準金利を3.75ポイントも引き上げた。このうち4回は0.75ポイントの「ジャイアントステップ」だった。

それだけではない。最近のドル高は他国のそれぞれの状況も原因となっている。ロシアのエネルギー攻撃を受け続けている欧州と財政悪化の俎上に上がった英国、そして「ゼロ金利」を固守し貿易収支の赤字まで拡大している日本などが最近のドル高に力を与えている。それでは、ドルはいつまで上がり、またその影響はどの程度になるのだろうか。

第一に、FRBがもたらしたドル高は今が終盤段階のようだ。FRBの利上げは遅くとも来春には終わるためだ。利上げの効果を確認するにはある程度の時差があるため、FRBは近いうちに利上げを止め、しばらくは状況を見守るだろう。だとすれば米国から始まったドル高は今がピークだ。市場は常に少し先に期待を反映するため、韓国ウォンもドル高の台風から今抜け出している状態だとみる。

スポンサードリンク
第二に、欧州だ。欧州はまだエネルギーショックから抜け出せずにいるが、それでも備蓄した燃料で今冬をなんとか無事に乗り切る可能性が高い。もちろん、大半の欧州諸国が来年さらに歪んだ経済成績表を受け取った場合、ユーロは再び揺れる可能性がある。 第三に、日本円は先進国通貨の中で年初に比べ最も高い30%の下落率をみせている。

日本の中央銀行は今年、約10兆円分の円を買い入れた。通常、外国為替市場における外部資本の攻撃と中央銀行の防御の勝敗は終わってみないと分からない。もし韓国ウォンが揺れるとしたら、それは円が心理的マジノ線を明け渡し、一時発作を起こす場合に当たるだろう。 第四に、ドルは次第に小幅安か小康局面に入るだろうが、傾向的に大きく弱まることはなさそうだ。なぜなら、FRBが金利を本格的に引き下げるまでには相当な時間が残っており、今は世界景気低迷のリスクが高くなる時期であるためだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/45032.html

2022-11-07-k003.jpg

原油や穀物などの国際市況が、世界景気減速をうけて、下がっているからです。CPIは物価の遅行指数です。遅れていた小売価格への転嫁が進むことで、今、上昇が続いていますが、物価の先行指標である、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物はすでにピークアウトしている可能性がある。世界景気減速が鮮明になってきたことを受けて、欧米の長期金利はいったんピークアウトした形となった。

ドル高の最大の原因は、米連邦準備制度理事会(FRB)の急激な金利引き上げだが、これも自国民にとっての限界点があるわけで、失業率を見つつ、あるところで金利引き上げは大きく緩和せざる負えなくなる。来年中盤には円安から円高に変わる可能性が見え隠れする。 日本は輸出産業に支えられ、トータルでの日本経済は決して悪くはない。 

問題は輸入企業となるが、日本政府が補てんすれば、円安が止まる時期までは何とかなると考えるが、海外資産やODAの利息等やドル売りで、30兆円以上儲けている日本政府が、余剰金をどう扱うかによる。

関連記事

[ 2022年11月07日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp