韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国経済の来年の成長率 民間の見通しは1%台

韓国経済の来年の成長率 民間の見通しは1%台

スポンサードリンク


世界経済の成長が鈍化するなか、韓国経済は来年、1%台の低成長にとどまるという見方が出ています。 聯合ニュースが6日に報じたところによりますと、民間の研究機関や専門家は、来年の韓国経済の成長率について、2%を下回る可能性が高いとの見方を相次いで示しています。

ことし6月時点での政府による来年の成長率の見通しは、2.6%でした。来年の成長率について、ハナ金融経営研究所は1.8%、韓国経済研究院は1.9%、ヨーロッパ系格付け会社のフィッチ・レーティングスも1.9%と予想しています。 LG経済研究院は、「輸出が鈍化しており、内需と消費も物価上昇や景気低迷、利上げにより期待されるほど回復できないとみられるうえ、資金市場の状況も良くなく、企業の投資がかなり減る可能性がある」と指摘しています。

来年の経済成長率が1%台に下がった場合、アジア通貨危機に見舞われた1998年のマイナス5.1%、グローバル金融危機の2009年の0.8%、新型コロナウイルス感染症の流行が始まった2020年のマイナス0.7%など、大きな危機に瀕したときを除いては、最も低い成長率を記録することになります。

スポンサードリンク

韓国銀行が示した潜在成長率である2.0%を下回ることにもなります。 潜在成長率とは、生産活動に必要とされる労働力や生産設備などを最大限に活用して、景気を過熱させることなく達成できる理論上の成長率のことで、経済の基礎体力を表す指標とされています。 秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副総理兼企画財政部長官は、韓国経済について、これまで数回にわたって「来年はもっと厳しくなるだろう」という見方を示しています。
http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=83791

2022-11-08-k001.jpg

輸出と内需ともに振るわない流れを継続し、雇用と物価も悪化すれば韓国経済成長は限りなくゼロとなる。 失業率が良い指標となるが、韓国が公表している数値はあてにならない。 むしろ体感失業率のほうが正しいと思うが、その推移は不明。 ただ言えるのは失業率は高く推移し、内需も縮小し、輸出も縮小し、輸入だけは高騰するという形。

本来ウォン安を背景に経済成長してきたわけで、ウォン安でも利益が減少し、負債だけが増加するのでは先の暗い国としか言いようがない。主要外資系大手企業も限界を迎えており、価格競争で対抗できない状態と化しつつある。 中国が製造技術を伸ばし、価格で優位にあるわけで、低成長の中国とはいえ、次第に中国に負けることになる。



関連記事

[ 2022年11月08日 07:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp