韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓銀総裁、インフレ対策が「優先課題」

韓銀総裁、インフレ対策が「優先課題」

韓国銀行の李昌鏞(イ·チャンヨン)総裁が11日、「最近インフレと為替レートが比較的安定する姿を見せている」としながらも「緊縮的通貨基調を維持することで物価安定基調を強固にしインフレ水準を低くすることは依然として韓国銀行の優先課題」と話した。24日に予定された今年最後の金融通貨委員会定例会議で、ビッグステップ(一度に基準金利0.5%引き上げ)の代わりにベビーステップ(0.25%引き上げ)を踏むとの観測が出ている。

李総裁はこの日、ソウルのウェスティン朝鮮ホテルで開かれた韓銀·韓国経済学会共同国際カンファレンスの開会の辞で「米国中央銀行(Fed)の金利引き上げ速度もFed議長が記者会見で明らかにしたように多少和らぐものと予想される」としてこのように話した。これは、金利引き上げ基調は維持しながらも速度調節に乗り出すことができるという意味と解釈される。李総裁は先立って年3%に基準金利を引き上げ「最終金利は年3.5%水準と予想する」と明らかにした。

李総裁は「この間、基準金利引き上げ速度がいつにも増して速かったため、経済の多様な部門で感じる経済的圧迫が増している」として「特にノンバンク部門で金融安定を確保することが重要な問題として浮上している」と話した。

スポンサードリンク
米中摩擦など「経済的·地政学的分節化」を指摘し「輸出に大きく依存している韓国経済の長期成長を抑制する構造的逆風として作用するだろう」と話した。続けて「供給網を多角化し、一部産業に偏った産業構造を改善するなど、よりバランスの取れた公正な経済を構築するために最善の努力を尽くさなければならない」と話した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ed49fc6ceb195e7cdbc2a78572db60338eaed9d

2022-11-12-k001.jpg

インフレ対策として有効な手段は、インフレに強い資産に投資することとなる。 インフレに伴って価値が上昇する実物資産や、利益上昇が見込まれる企業の株式に投資することで、保有する資産を増やせる。 投資せずに現金預金のみで資産を保有すると、通貨価値の下落によって資産が目減りするため注意が必要となる。

インフレとは、モノやサービスの価格(物価)が継続して上昇することである。特に悪いインフレ下では、原材料価格の高騰などで物価が上昇するインフレで、世界的な需給関係の変化や為替の変動などで輸入コストが上昇したり、生産者の減少などで供給が減少したりすることで、商品価格が上昇してインフレが起きる。 今の韓国となる。

一方で良いインフレとは、「好景気が続く状態の中で起きるインフレ」のことで、経済が活性化して需要が増え、供給が追い付かなくなるとモノの価格が上昇し、企業の利益が増加します。企業の利益が増加すれば、従業員の給与が増加することに繋がるため購買力が上がり、消費が活発になる。

関連記事

[ 2022年11月13日 07:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp