韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  米国の急激な緊縮で韓国ウォン低評価、韓米・韓日通貨スワップ拡大すべき

米国の急激な緊縮で韓国ウォン低評価、韓米・韓日通貨スワップ拡大すべき

8月以降にウォン安ドル高が急激に進み、消費者物価が追加で上昇するという見方が出ている。主要マクロ経済変数から予測する「均衡為替レート」に比べて韓国ウォンが低評価された状況で韓米通貨スワップの締結が難しければ、日本やスイスなど国際市場で通用する貨幣を持つ他国とのスワップでも拡大すべきだという主張があった。

東国大のカン・サムモ経済学科教授は15日、大韓商工会議所で開催された「国民経済諮問会議・韓国金融学会」共同主催の政策フォーラムに出席し、このように明らかにした。カン教授は7-9月期基準の均衡為替レートは1ドル=1241-1263ウォンだとし、韓国ウォンが低評価されていると分析した。

カン教授は米国の急激な利上げの影響などを受け、今年8月以降は急激にウォン安ドル高が進んだと説明した。年初の1ドル=1200ウォン台から10月には1ドル=1440ウォン台になった。特に米国が4回のジャイアントステップ(政策金利0.75%引き上げ)を断行するなど緊縮の速度を高めたからだ。

スポンサードリンク
カン教授は「政府は韓国ウォンの低評価を懸念する状況でないと診断したが、8月以降のウォン安ドル高が輸入物価と消費者物価を引き上げる可能性がある」とし「物価上昇と為替レート変動性が大きくなれば結局、貿易と投資にマイナスの影響を与える」と述べた。カン教授は、外貨準備高の拡大のように費用が発生することもなく為替市場の安全弁の役割をするのが通貨スワップだ、と主張した。

カン教授は「最近の国際金融市場の不安定は急激な米国の利上げによってもたらされただけに米国の責任があり、わが国の為替および金融市場の不安定からわが国が他の国々と米国債の売りに参加すれば、米国の国債市場も不安定化する可能性も存在する」とし「韓米通貨スワップ締結のためには経済だけでなく韓米同盟などの政治外交的な接近が必要だ」と話した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e914c57886026156499813257e6af69134573cc

2022-10-25-k002.jpg

今年5月に、米国ではなく日本との通貨スワップ契約締結の必要性が提起されるよ中央日報が報じている。「国民の力」の徐秉洙議員は5月2日、秋慶鎬副首相兼企画財政部長官の人事聴聞会で「政治的問題や両国間の感情問題を離れて必要なものを互いに助けて協力すべきという立場から韓日通貨スワップを再開すべき」とした。これに対し秋副首相は「日本との通貨スワップも外国為替市場に肯定的な影響をもたらすだろう。両国間の政治・外交的問題と絡み合っており、そうしたものをうまく好循環して進められたら良いだろう」とした。

韓国はドル売り、ウォン買いを実施してきたために、外貨準備のドル不足に陥っている。もともと流動性のあるドルが少ないわけで、スワップの必要性を訴えているわけだが、日本から見れば、韓国を助けるだけでしかないので意味を持たない。現段階で韓国通貨危機が即発生するとは言い難いが、外貨を稼ぐことに欠ける韓国政府では、いささか心寂しいと言ったところだろうか…。ウォン安で本来造船業をはじめとして、自国経済が良くなるはずが、輸出まで低下し、負債だけが目立つ韓国であるから、先行きの不安要素が大きくなったという事だろうか。

関連記事

[ 2022年11月19日 07:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
投機筋がウォン売りを仕掛けてきたとき防衛できるか。
日韓通貨スワップは、交渉役をやれる役者がいない。
反日強硬論者はたくさんいる。
[ 2022/11/19 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp