韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  日本の10月の貿易赤字、43年ぶりに最大

日本の10月の貿易赤字、43年ぶりに最大

日本の貿易赤字が43年ぶりに最大を記録した。円安と原油などエネルギー関連輸入価格の高騰が直接的な原因と分析される。中国経済の不振で輸出の回復が鈍化したことも影響を与えた。

日本財務省が17日に発表した貿易統計によると、10月の輸出は9兆15億円、輸入は11兆1638億円で、昨年同期に比べてそれぞれ25.3%、53.5%増加した。輸出額から輸入額を引いた貿易収支は2兆1623億円の赤字で、10月基準では1979年以降で最大額となった。1年前より貿易赤字が23.8倍も増えた。貿易収支は15カ月連続で赤字を記録している。

最近の日本の相次ぐ貿易赤字は、輸入の増加のスピードが輸出の回復分を圧倒しているためだ。ロシアのウクライナ侵攻などの影響でエネルギー関連輸入額が急騰した。原油と液化天然ガス(LNG)、石炭の輸入は、1年間でそれぞれ97.1%、150.9%、154%上昇した。日本はエネルギーの90%、食料の60%を輸入に依存している。

スポンサードリンク
急激な円安の流れも輸入額の上昇をあおった。例えば、原油の輸入価格は1キロリットルあたり9万6684円で、1年前より79.4%上昇した。一方、ドルに換算した価格上昇率は37.7%にとどまる。輸入取引の際の決済に利用される通貨は、今年上半期基準でドルが71.2%を占めている。

中国経済も足を引っ張った。日本の中国向け輸出は7.7%増えた一方、輸入は39.3%も増加した。輸出額は増えたものの、荷動きを示す数量指数によれば、中国向け輸出は16%減った。日本経済新聞は「消費不振や住宅不況による中国経済の減速が響いたとみられる」と報じた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/45150.html

2022-11-19-k002.jpg

財務省が17日発表した10月の貿易統計(速報)によると、全体の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、2兆1623億円の赤字だった。資源価格の高騰や円安の進行で輸入額が膨らみ、比較可能な1979年以降、10月としての赤字額は最大。赤字は15か月連続。10月として最大だった2013年の赤字額(1・1兆円)を大幅に更新した。10月の平均為替レートが、前年同月比で約34円の円安となる1ドル=約145円に下落し、ドル取引の割合が多い輸入で影響が大きく出た。

全体の輸入額は前年同月比53・5%増の11兆1638億円で、過去最大となった。豪州などからの石炭と液化天然ガス(LNG)がそれぞれ2・5倍、アラブ首長国連邦(UAE)などからの原粗油が97・1%増だった。資源高に円安が拍車をかけた。全体の輸出額は25・3%増の9兆15億円で過去最大だった。米国向けを中心に自動車が81・0%、豪州向けの軽油などの鉱物性燃料が76・2%、それぞれ増えた。韓国向けなどの半導体等電子部品も20・1%増と、コロナ禍で生産が落ち込んだ前年の反動増に加え、円安も追い風になった。

関連記事

[ 2022年11月19日 08:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp