韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国は見せかけの先進国という「外皮」を脱ぎ捨てよ

韓国は見せかけの先進国という「外皮」を脱ぎ捨てよ

本当に「先進国」になったと思った。日本による植民地支配、解放、分断、戦争を経て、世界で最も貧しかった国が、国内総生産(GDP)規模で世界10位に躍り出た。1人当たりの実質GDPと賃金水準はすでに日本を追い越しており、1人当たりの名目GDPも早ければ今年中に、遅くとも近いうちに日本を追い抜くだろうという。

それだけではない。韓国文化は世界の人々の楽しむグローバル文化になった。政府樹立後数十年間にわたって厳しい独裁を経験したものの、1987年の民主化以降、民主主義はだんだんと強固になっていると信じていた。私たちが直面する深刻な社会経済問題さえ「先進国」大韓民国が支払うべきコストだと考えていた。

しかし、そうではなかった。韓国は深刻な社会経済的問題を抱えている「奇妙な先進国」ではなく、物質的豊かさを除いてほとんどすべてが成熟していない「奇妙な後進国」だった。でなければ、セウォル号惨事を経験して10年もたたないうちに、国がまたしても国民の安全をないがしろにし、その責任すら否定する状況が繰り返される現実を説明する術がない。

スポンサードリンク
このかん私たちが作ってきたと思っていた「先進的」システムは作動しなかった。民主主義社会だから無能な人々も大統領になりうるし、無能な政党も政権を握りうると考えていた。だが、私たちがきちんとした社会・経済・政治システムを作っておけば、誰が政権を握っても国はきちんと動くと思っていた。 大変な錯覚だった。経済さえ成長させれば成熟した社会と政治は自然についてくると思っていたのだが、そうではなかった。経済成長のみを最高の価値とする社会では、力量のある民主的政治勢力も、社会も、成長できなかったからだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a46d49ce7b563e838602ef2743c2a20bb7672862

2022-10-25-k002.jpg

韓国経済・社会は、一人当たりのGDP水準だけを見ても、日本に買ったところで先進国とは言い難い。重要なのは社会システムとそこで暮らす自国民の民度による。いつまでも歴史問題にこだわり、過去だけを振り返るような国では困る。挙句に大手企業は外資系企業で、99%以上は中小企業雇用となる。これは日本も同様だが、全産業の平均年収を考慮すれば、まだまだ日本には追い付けない。

まして国民の預貯金は莫大だ。政府も世界一の資産を保有し、他国へ金を貸し、利益を得るわけで、外資に助けられる構図の国家予算と政府負債では、家計負債に企業負債を合わせれば容易ではない。

関連記事

[ 2022年11月22日 08:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp