韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  来年の世界自動車需要は拡大、一方で韓国車は内需・輸出・生産そろって減少

来年の世界自動車需要は拡大、一方で韓国車は内需・輸出・生産そろって減少

来年、世界の自動車需要は拡大するが、韓国国内の自動車生産量は米国のインフレ抑制法(IRA)などの影響で減少するとの見通しが出た。 韓国自動車研究院が21日に発表した「2023年自動車産業展望」報告書によると、主要機関は来年の世界の自動車需要は今年より増加すると見通した。今年の世界の自動車販売台数を8150万台と推算し、来年の需要は今年と同等の8170万台から最大で4.7%増の8530万台に達すると予想した。金利の上昇と景気の低迷で実質的な新規需要が減少しても、半導体供給不足の緩和と数百万台に達する待機物量を考慮すれば、世界の自動車需要は増加するという予測だ。

史上最高を記録した2017年水準の販売台数の回復は、早くとも2025年になってようやく可能になると予想された。半導体需給難などのサプライチェーン問題が2024年に解消され、2025年には電気自動車需要が増加し、世界の自動車販売台数は9700万台まで回復すると期待される。 ハイブリッド車を含むエコカーの需要は今年900万台を超え、来年は1200万台に増え、2025年には2000万台に達すると推算された。来年の内燃機関自動車の需要は7300万台水準が予想される。 世界の自動車需要が増加しても、韓国国内の内需・輸出販売台数と生産台数はいずれも減少すると予想された。

スポンサードリンク
来年の内需販売は今年比で0.5%減の166万台、輸出は米国のインフレ抑制法の適用猶予を受けられない場合、4.2%減の210万台と予想された。内需販売と輸出不振を受け、韓国国内での生産も今年比3.0%減の349万台にとどまる見通しだ。 韓国自動車研究院のメン・ジウン研究委員は「主要な輸出市場である米国・欧州の需要弱化で、2023年の韓国の自動車内需・輸出・生産は小幅に減少する可能性が高い」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/45173.html

hyundai-1.jpg

現代自動車と起亜自動車は、内需よりは海外市場を選んでいる。米国など主要激戦地での激しい競争、ウォン安、半導体が少ない海外車種などの理由が複合的に作用した結果だ。このおかげで、現代自動車·起亜自動車は、世界市場で歴代最高シェアを達成している。自動車業界によると、現代自動車·起亜自動車の国内工場生産台数のうち、輸出された物量の割合は最近2年間で急速に拡大した。現代自動車の韓国内工場の輸出台数の割合は、今年1~8月の59.5%(64万5379台)で、60%に迫った。

2020年1~8月には49.3%、昨年同期には54.4%だった。2年前より10%以上輸出比重が大きくなった。起亜も同様だ。2020年1~8月の輸出比重は55.5%(45万3300台)だったが、昨年は63.2%に跳ね上がり、今年も62.4%とほぼ同じ水準を維持した。今年1~9月、現代自動車·起亜自動車の国内生産台数は前年同期比それぞれ4.6%、0.5%増加した。半導体の需給に多少でも余裕ができたおかげだ。しかし、内需販売台数は現代自動車が8.1%、起亜自動車が2%減少した。 出庫が滞っている状況で内需販売が減少したのは、物量が海外に出たためとされる。

関連記事

[ 2022年11月22日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp