韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  100円=700-800ウォン時代も乗り越えた=韓国!!

100円=700-800ウォン時代も乗り越えた=韓国!!

2013-04-19-k008.jpg

円安のために大騒ぎだ。自動車・家電・鉄鋼・造船など業種に関係なく、円安で価格競争力が高まった日本企業に劣勢だと同じ声を出している。確かにかなり円安が進んだ。わずか1年半前まで100円=1500ウォンだったが、今は1130ウォンだ。

スポンサードリンク
とはいえ何か釈然としない。過去を考えればなおさらだ。韓国がグローバル輸出市場で日本のライバルに浮上したのは2000年代に入ってからだ。造船産業が不動の世界1位になったのがその当時だ。“投資の鬼才”ウォーレン・バフェットが「これほどよい会社があるとは知らなかった」としてポスコ株を買ったのは2005年だった。サムスンを世界超一流ブランドにした「ボルドーTV」は2006年に登場した。

このように韓国が躍進した時、ウォン・円の為替レートはどうだったのか。韓国造船企業が世界1位だった00-07年の平均為替レートは100円=968ウォンだった。バフェットがポスコ株を購入した05年には800円台、ボルドーTVが大ヒットした06年には700円台までウォン高円安が進んだ。08年の金融危機後に100円=1300-1500ウォンで推移した当時は、グローバル企業に成長した自動車だけが別の理由で成長しただけだ。

韓国企業が日本に追いつく2000年代と比較すると、現在は為替レートに恵まれている。もちろん円安のペースは非常に速い。それによる苦痛は決して小さくない。しかし日本企業はそれ以上の状況を経験した。2008年の金融危機前後の6カ月間、100円=950ウォンから1550ウォンまでウォン安円高が進んだ。過去にない円高時代が続いて倒産した日本企業もある。しかしこれを乗り越え、今また全盛期を迎えようとする企業も多い。トヨタ自動車が代表例だ。

今は円安を嘆く時ではなく、過酷な環境を乗り越えてきたトヨタを見習わなければならない時だ。彼らがしたことを、私たちだからといってできない理由はない。今よりも不利な為替レートの中でも、彼らに追いついて退けたのが韓国産業ではないのか。

(中央日報)


技術進歩中であれば企業は強いが、技術が出尽くそうとしている状態での円安は大きな打撃を生む。
例えばスマホがさらなる進歩を遂げられるかは、顧客が欲しいとのぞむ商品を開発し続けられるかにある。ギャラクシーS4…0.1mm薄くする。顧客がのぞむ商品価値であるかどうかがヒット商品を生む。顧客がのぞまなければ商品はシンプルに戻る。

アプリが進んで、スマホでないと出来ないものであれば、さらに進歩するだろう…。顧客が望む事であればHITする。

いずれにしても大企業の技術計画が販売計画と合わなくなってきたときに企業は衰退する。この状態で円安を食らえばあっという間に大企業の赤字は大きくふくらみ、動きがとれなくなるわけだ。

私が現代電子に技術指導を行った10数年前には、さほど脅威ではなかったサムソン電子。とはいえ技術10年というのは、一つの区切りでもあり、技術者にとっても進歩するのか衰退するのかの鍵となる年数でもある。

これはアップルでも同じである。ここ3年間は目が離せない…。


関連記事

[ 2013年04月30日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp