韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  OECD、「韓国経済来年1.8%、再来年1.9%成長」と暗鬱な見通し

OECD、「韓国経済来年1.8%、再来年1.9%成長」と暗鬱な見通し

経済協力開発機構(OECD)が来年の韓国の経済成長率を1.8%と予想する。内外の主要機関も相次ぎ1%台の成長の見通しを出し韓国経済に緊張感が高まっている。OECDは22日に出した経済見通しで、韓国経済が来年に1.8%、2024年に1.9%と2年連続で1%台成長をするものと予想した。来年の成長率見通しは9月に発表した直2.2%より0.4ポイント低くした。

OECDは韓国の可処分所得増加傾向が鈍化し、住宅市場が不振に陥り民間消費と投資が成長動力を失うだろうと診断した。半導体輸出減少は最近困難に陥った貿易にさらに負担を与え、失業率は上がり高物価は当分続くだろうと指摘した。一言で「韓国経済が逆風を浴びている」という評価だ。特に韓国の物価上昇率は今年5.2%、来年3.9%、再来年に2.3%を記録すると予想した。

最近韓国経済の低成長危機に対する予想はあちこちで続いている。これに先立ち韓国開発研究院(KDI)も来年の経済が1.8%成長すると予想した。産業研究院も来年1.9%の成長率見通しを発表した。国際格付け会社のフィッチは9月に1.9%の見通しを出した。通貨危機を体験した1998年のマイナス5.1%、世界金融危機の2009年の0.8%、コロナ禍の2020年のマイナス0.7%に続く新たな危機を警告する数値だ。

スポンサードリンク
OECDはただ地政学的な緊張が減り、中国のゼロコロナ政策が緩和されるなら韓国経済に肯定的な要因として作用できると付け加えた。世界経済に対しては今年3.1%の成長を記録した後、来年は2.2%に鈍化し、2024年には2.7%に緩やかに回復するだろうと予想した。ロシアとウクライナの戦争で1970年代以降最悪のエネルギー危機が世界に押し寄せ低成長と高物価を招いているためだ。来年の世界経済成長率に対するOECDの見通しは9月の見通しと変動がなかった。
https://japanese.joins.com/JArticle/298036?servcode=300§code=300

2022-11-23-k003.jpg

国務総理(国務調整室)傘下の韓国開発研究院は11月10日、2023年の経済(GDP)成長率の見通しを公表した。2023年は、輸出の増加率が大きく鈍化し、投資の不振が続き、1.8%の成長にとどまるとの見通しとなった。民間消費は、新型コロナウイルスによる制約の影響が徐々になくなり、サービス消費が回復するものの、物価上昇による実質購買力の低下と市場金利の上昇で消費が鈍化し、2022年(暫定値、以下同じ)の4.7%増より低い3.1%増となる見込み。

設備投資は、半導体市場の景気鈍化と対外的な不確実性により、2022年の3.7%減に続き、2023年も0.7%増と低い増加率にとどまるとした。建設投資は、住宅市場の不振と資金調達環境の悪化により、2022年の3.0%減に続き、2023年も0.2%増と低水準が続くと予想される。輸出は、国・地域間の人の移動が増加し、サービス輸出が回復するものの、世界景気の減速で財貨の輸出が伸び悩み、1.6%の増加にとどまると予想した。

2023年の経常収支は、サービス収支の赤字幅の拡大に伴い、2022年の黒字幅(230億ドル)が縮小し、全体では160億ドルの黒字となり、2023年の消費者物価は、国際原油価格が安定し上昇幅は縮小するものの、依然として物価安定目標(2%)を上回る3.2%の上昇率となるしている。就業者数は、2023年も良好な雇用環境が続くものの、ベース効果と高齢化により2022年の79万人増から大きく減少し、8万人増にとどまるとみている。

関連記事

[ 2022年11月23日 08:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp