韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、「世界で7番目」の国産小型武装ヘリ量産…2031年まで5900億円投入

韓国、「世界で7番目」の国産小型武装ヘリ量産…2031年まで5900億円投入

スポンサードリンク


世界で7番目に国内開発された韓国の小型武装ヘリコプターが年内に量産に入る。 防衛事業庁は28日午前、オンラインで第147回防衛事業推進委員会(防推委)を開き、130ミリ誘導ロケットII体系開発基本計画案▽155ミリ精密誘導砲弾事業推進基本戦略案▽大型攻撃ヘリコプター2次事業推進基本戦略修正案および購入計画案▽小型武装ヘリコプター初量産計画案を審議・議決した。

小型武装ヘリコプター事業は、機体の寿命が40~50年を越えた古い攻撃ヘリコプター(500MD、AH1Sコブラ)を国産ヘリコプターに替える事業だ。小型武装ヘリコプターは空対地ミサイルとロケットのような兵器を装備している。4.9トン級の小型武装ヘリコプターは、航続距離411キロメートル、運用時間は2時間35分、最大速度は時速243キロメートルに達するという。

ヘリコプターで構成された韓国陸軍の航空戦力は、有事の際、北朝鮮軍の戦車を破壊するのが主な任務だ。北朝鮮特殊部隊の海上侵入を阻止し、韓国軍空中強襲部隊を援護する任務も担う。陸軍航空戦力の中で「戦車キラー」と呼ばれる大型攻撃ヘリコプターが最も破壊力が強いが、価格が高い。このため、現実では高価な大型攻撃ヘリコプターとこれより比較的安い小型武装ヘリコプターを相互補完的に運用する。

スポンサードリンク

軍当局は陸軍の航空戦力を大型攻撃ヘリコプターと小型武装ヘリコプターに再編し、大型攻撃ヘリコプターはAH64Eアパッチガーディアンを米国から輸入する一方、小型武装ヘリコプターは国内で独自開発することにした。固有モデルの攻撃ヘリコプターを設計して量産する国は、韓国を含め7カ国のみ。

小型武装ヘリコプターは、2001年の所要決定を皮切りに探索開発(2011~2012)、初度試験評価(2019~2020)などを経て、2020年12月に暫定戦闘用適合判定を受けたのに続き、この日の防推委で初めて量産決定が下された。今年から2031年まで5兆7500億ウォン(約5900億円)をかけて小型武装ヘリコプターを量産する。防衛事業庁は韓国航空宇宙産業(KAI)と年内に量産契約を結ぶ予定だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/45235.html

2022-11-29-k001.jpg

韓国の防衛事業庁は28日、防衛事業推進委員会を開催し、国産小型武装ヘリコプターの量産計画案や130ミリ誘導ロケットの開発計画案、155ミリ精密誘導砲弾の事業推進戦略案などを可決した。韓国は世界で7番目に小型武装ヘリコプターの開発に成功し、今年から2031年までに5兆7500億ウォン(約5900億円)を投じて小型武装ヘリコプターを量産することになる。

130ミリ誘導ロケットと155ミリ精密誘導砲弾の開発には2036年までに合わせて8200億ウォンが投じられる。小型武装ヘリコプターは対戦車ヘリ「AS1H」や軽攻撃ヘリ「500MD」など軍の老朽化したヘリと入れ替える。ヘリは2024~25年に実戦配備される。防衛事業庁は、「世界で7番目に武装ヘリコプターの開発に成功し、独自開発能力を確保しただけでなく、最先端の航空電子装備や国内開発の武装を搭載し、将来の戦場に適したヘリコプターを開発した」と説明している。



関連記事

[ 2022年11月29日 10:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp