韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  尹錫悦政権は何もしない政権という錯覚

尹錫悦政権は何もしない政権という錯覚

スポンサードリンク


まもなく2022年も歳末を迎える。政治の時計からすると、2017年の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾と文在寅(ムン・ジェイン)政権発足で始まった5年の周期が終了し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権時代が始まった年だった。新政府と大統領がどのような姿を見せてきたのか、そこから現われる尹錫悦政権の性格は何なのか、どのような歴史が進行中なのかを冷徹に考えなければならない時点だ。

これまで尹錫悦政権を特徴づける言葉として頻繁に登場したのが「無能」と「無為」だった。無能とは何もできないことを、無為とは何もしないことを意味する。このような見方で現政権を理解するのは錯覚であるだけでなく、危険だ。韓国社会の懸案を理解して解決する能力と意志がないという意味なら正しい。しかし、尹政権は他の何かをしており、その点で無能ではない。これを見落としてはならない。

尹錫悦政権がこれまで見せた姿から目立つものが3つある。検察国家・警察国家の樹立と極右指向の強化、反労働企業中心体制の強固化への意志がそれだ。政府、マスコミ、財閥の同盟体は、政治権力、イデオロギー、階級関係にそれぞれ関わる三角形を完成させていく過程にある。

スポンサードリンク

検察国家・警察国家への変化が進んでいる。「検察共和国」という言葉があるが、これは間違っている。共和国の本質は恣意的支配の不在とすべての市民の自由だ。ところが、今の韓国政治の現実は、権力者の恣意的な法執行、親政府市民だけの自由ではないか。 第二に、政権勢力に過激右派色が強まっている。多くの大統領直属または首相直属委員会の要職が極右政治家とユーチューバー、好戦的なニューライト系の人物で埋められている。

第三に、政府が労働者と庶民の生存要求を暖かく包み入れる代わりに、徹底的に企業と金持ちの側に立って攻撃している。今夏、大宇造船下請け労働者のユ・チェアン氏が横×縦×高さ1メートルの鉄格子内で低賃金と会社の弾圧に抗議するデモを行った時、尹政権は労働者だけを不法と断定し、警察特攻隊の投入を予告して脅した。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/45318.html

2022-11-25-k002.jpg

一方でハンギョレ新聞は、無計画・無能の根底には尹錫悦政権の人事問題がある。尹錫悦大統領が最初に指名した長官たちの人脈(ネットワーク)にどんなリスク要因があるのかを分析した論文を見ると、それがあらわになると報じている。分析結果を見ると、尹大統領は1人の長官に対する依存が強い。依存度の低い長官とは距離があるため大統領が一方的に命令するケースが多く、長官が大統領に近づいて話すのが難しい場合がある」。公務員組織は大統領の方を向いてばかりで、主体的に動くことは難しいとした。

大統領府で勤務経験のある野党関係者は、尹錫悦政権では官僚が全く働いていないという雰囲気を語った。同氏は「次の政権になれば推進した仕事がどうなるか分からないから、怖くてできないと言っている。監査院が過去の政策のあら探しをして回っているものだから、公務員は本能的に何もしていない」と述べた。 現政権を率いる核心勢力が、前政権に対する監査院による監査と検察による捜査にばかり関心を寄せているため、政府省庁はどこもまともに働いていないとした。



関連記事

[ 2022年12月07日 07:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp