韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  敵基地攻撃の保有明記した日本…韓国外交部、「韓国との事前協議が必ず必要」

敵基地攻撃の保有明記した日本…韓国外交部、「韓国との事前協議が必ず必要」

スポンサードリンク


韓国外交部は16日、日本政府が北朝鮮・中国など周辺国のミサイル基地を直接打撃する「敵基地攻撃能力」(反撃能力)の保有を決めた内容などを盛り込んだ「国家安全保障戦略」など安全保障関連3文書を改定したことについて、「朝鮮半島の安全保障および国益に重大な影響を及ぼす事案については、事前に韓国との緊密な協議および同意が必ず必要だ」という立場を明らかにした。また、日本が防衛費の大幅増額に向けた枠組みを決めたことについては、「関連動向を注視している」と述べた。

外交部は同日、日本政府が臨時閣議で国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画の安全保障関連3文書の改定を決定したことについて、「日本が今回の文書に自国憲法および国際法の範囲内で専守防衛の原則を堅持するという方針を前提に、初めて反撃能力の保有を明記した」としたうえで、「関連議論が平和憲法の精神を堅持しながら域内の平和と安定に寄与する方向で透明に行われることが望ましいというのが(韓国政府の)立場」だと明らかにした。

外交部は朝鮮半島を対象に反撃能力を行使する際、韓国の同意が必要かを問う質問には「朝鮮半島の安全保障および我々の国益に重大な影響を及ぼす事案は、事前に韓国との緊密な協議および同意が必ず必要だという立場だ」と述べた。

スポンサードリンク

外交部は日本の安全保障関連3文書の改定で、相手から武力攻撃を受けた場合のみ防衛力を行使する「専守防衛」が形骸化する恐れがあるという指摘について、「今回の文書で専守防衛の概念を変更しないという立場が表明されたと聞いている」とし、「今後も日本の防衛安保政策が平和憲法の精神を堅持しながら、地域の平和と安定に寄与する方向で透明に行われることが望ましいというのが韓国政府の立場だ」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/45420.html

2022-12-18-k003.jpg

日本が危ないとなった時に、韓国との事前協議など必要ないだろう。日本政府が、北朝鮮や中国などの周辺国のミサイル基地を直接攻撃する「敵基地攻撃能力」(反撃能力)を保有することを決めるなど、過去70年あまりの間維持してきた安全保障政策の枠組みが大きく変わる。5年後には日本の防衛予算は10兆円を超え、米国と中国に続く世界第3位の軍事大国に成長する。

日本の岸田文雄内閣は16日午後、閣議を開き、外交・安保政策の方向を含めた「国家安全保障戦略」改定案を決定した。2013年に国家安全保障戦略が作られてから10年後の初めての改正となる。あわせて、下位概念であり日本の防衛の目標を設定した「国家防衛戦略」と、5年間の防衛予算や具体的な兵器などを決める「防衛力整備計画」も承認した。



関連記事

[ 2022年12月18日 07:41 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp