韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  来年の韓国の成長率、輸出悪化・内需低迷で「二重苦」で1%台になる見通し

来年の韓国の成長率、輸出悪化・内需低迷で「二重苦」で1%台になる見通し

スポンサードリンク


世界経済の中心にある米国の中央銀行が、米国の来年の成長率展望(第4四半期基準・対前年比)を従来の1.2%から3カ月で0.5%に大幅に下方修正したことは、対外依存度の高い韓国経済の来年の条件も薄氷の上にあることを示している。大半の機関は、韓国の来年の実質経済成長率の展望値を1%台に引き下げ、景気下降を見越している。

チュ・ギョンホ副首相兼企画財政部長官は15日、青瓦台迎賓館で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領主宰で開かれた国政課題点検会議で「今後、経済がかなりの期間厳しくなるものと予想され、来年は今年より厳しいだろう」とし「主要機関が来年の韓国経済の成長率を1%台半ばと見通しており、非常に難しい状況」だと述べた。韓国をはじめとする主要国が物価高への対応のために断行した急激な利上げの波及効果が、来年から本格的な実体経済の悪化として現れるという見方だ。

目前の問題は輸出悪化だ。米国・中国・欧州連合(EU)など主要国の経済状況が悪化すれば、需要減少で韓国の輸出も打撃を受けるのは避けられない。今年10月と11月の輸出額は、昨年同月に比べてそれぞれ5.7%、14%減少し、このような懸念はすでに現実化している。今年初めから先月25日までの対米輸出額が韓国の総輸出額に占める割合は約16%にのぼる。

スポンサードリンク

韓国銀行は、中国のコロナ封鎖政策の緩和などが行われても、世界経済の成長傾向や貿易低迷の影響で、韓国の来年上半期の商品輸出増加率は今年上半期に比べて3.7ポイント低下するものと見込んでいる。アジア太平洋地域内の国際機関であるアジア開発銀行(ADB)も最近、韓国の来年の成長率の展望値をこれまでの2.3%から1.5%へと0.8ポイント下げ、展望値下降の理由として「対外部門の弱化」を挙げた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/33ab9063f265bdc1f905e1802931ca79f84752a2

2022-11-28-k001.jpg

主要外資系投資銀行(IB)が来年の韓国経済成長率の展望値を1%前半に一斉に下方修正した。国内外の主要機関が1%後半から2%まで展望したのとは相当な差がある。IB業界は、世界主要国の景気低迷の強度が予想より強いうえ、輸出依存度が絶対的な韓国経済も打撃が大きいと予想した。

国際金融センターによると、9つの主要外資系IB(バークレイズ・バンクオブアメリカ・メリルリンチ(BoA-ML)・シティ・クレディスイス・ゴールドマンサックス・JPモルガン・HSBC・野村・UBS)が先月末基準の報告書を通じて明らかにした来年の韓国経済成長率展望値の平均は1.1%と集計された。

長率を下げた理由として住宅価格の下落、消費減少、半導体不振などを挙げた。野村は来年の住宅価格の下落と金融環境の悪化で消費減少が予想されるとし、下方修正の背景を説明している。UBSは韓国の生産・輸出基盤の半導体などテック部門でダウンサイクルによる不振を掲げた。



関連記事

[ 2022年12月19日 07:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp