韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  韓国、F35Aを20機追加購入で、来年の国防予算57兆ウォン

韓国、F35Aを20機追加購入で、来年の国防予算57兆ウォン

スポンサードリンク


厳しい財政状況の中、総予算の増加率は縮小したが、国防予算増加率はむしろ高まった。

24日、国会で2023年度国防予算が57兆143億ウォン(約5兆9000億円)に確定した。これは今年比4.4%増。韓国政府と国会は来年の政府総支出増加率を8.9%から5.1%に大幅に縮小した状況でも、国防予算の増加率は3.4%から4.4%に拡大した。北朝鮮が核・ミサイルで朝鮮半島の緊張を高める安保状況を反映したからだ。

政府の国防予算案(57兆1268億ウォン)は国会の審議過程で2093億ウォン減少した後、968億ウォン増額した。武器を購入する防衛力改善費は1.3%増の16兆9169億ウォン、人員・装備・物資・施設などを運用するのに使用する戦力運営費は5.7%増の40兆974億ウォン。

スポンサードリンク

政府案から削減された財源のうち654億ウォンはF-X2次(188億ウォン)、鉄鷹(チョルメ)II性能改良2次(278億ウォン)、長距離艦対空誘導弾(9億ウォン)、戦術地対地誘導武器II(127億ウォン)、大型攻撃ヘリコプター2次(10億ウォン)、K9A2性能改良(25億ウォン)など10件の新規事業。

このうちF-X2次はF35Aステルス戦闘機を現在の40機から20機追加する事業だ。長距離艦対空誘導弾事業を通して敵の弾道弾を迎撃するミサイルを購入する。このミサイルはイージス駆逐艦(KDX-III)に搭載するためで、米国のSM6が事実上確定的だ。これを受け、来年の3軸体系予算は計5兆2954億ウォンと、今年比10.2%増えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/299184?servcode=200§code=220

2022-12-26-k005.jpg

韓国防衛事業庁は7月15日に開いた防衛事業推進委員会で、韓国軍次期戦闘機(FX)導入の2次事業など5案件について審議、決定した。これにより韓国軍は最新鋭ステルス戦闘機のF35Aを20機程度、追加で導入することが事実上決まった。政府は来年度(1~12月)を目標に事業を推進する方針とした。

防衛事業庁はFX導入の2次事業について、北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃する「キルチェーン」の主要戦力の補強により、挑発に対する抑止力強化となり、有事の際には北朝鮮の核・弾道ミサイルを無力化できるだろうと期待を示した。

軍の要求を満たすステルス戦闘機はF35Aのみで、政府は2023年から28年まで総事業費約3兆9400億ウォン(約4124億円)を投じて同機を20機程度、追加で購入するとみられる。 韓国軍にすでに導入されたF35Aは40機程度とされている。



関連記事

[ 2022年12月26日 08:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp