韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、ロボット産業に本格進出

サムスン電子、ロボット産業に本格進出

スポンサードリンク


サムスン電子は、ロボットプラットフォームのベンチャー企業でコスダック上場企業のレインボーロボティクスに589億ウォンを投資する。サムスン電子による株式買収のニュースを受け、レインボーロボティクスの株価は価格制限幅ぎりぎりまで上昇した。

レインボーロボティクスは3日、施設・運営資金の調達のためにサムスン電子を対象とする589億8208万ウォン(約60億3000万円)規模の第三者割当増資を決めたことを公示した。有償増資で新たに発行される普通株194万200株(額面価格500ウォン=約51円。発行価格3万400ウォン=約3110円)を全てサムスン電子が買収する。サムスン電子のロボット企業への投資は今回が初めて。サムスンのロボット産業進出への期待から、レインボーロボティクスの株価はこの日、前取引日より27.45%(8950ウォン)高の4万1550ウォン(約4250円)で取引を終えた。この日の出来高は1247万株で、サムスン電子の出来高(1348万株)に迫った。

レインボーロボティクスは、国内初の二足歩行ロボット「HUBO(ヒューボ)」を開発したKAISTヒューマノイドロボット研究センターのチームが、2011年に分社して創業した企業(役職員65人)で、2021年2月にコスダックに上場した。

スポンサードリンク

昨年9月末現在、発行株式は普通株1684万株、資本金82億ウォン(約8億3800万円)、資産総額666億ウォン(約68億1000万円)で、昨年1~9月の売上額は104億ウォン(約10億6000万円)。国際的なロボット工学者であり「ヒューボパパ」と呼ばれるKAIST機械工学科のオ・ジュンホ碩座教授(レインボーロボティクス最高技術責任者)が創業者かつ大株主(持株比率20.98%、特殊関係人を含めると40.61%)だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/45532.html

2012-10-06-samsung.jpg

レインボーロボティクスは、サムスン電子、LG電子、現代ロボティクスと協働ロボット技術に関する了解覚書(MOU)を交わし、協力プロジェクトを進めてきた。未来アセット証券は上場当時、韓国取引所に提出した上場斡旋書類で「サムスン電子はポスト家電としてロボット分野を選定し、家庭で用いられるロボットの原価競争力の確保に向け、レインボーロボティクスの核心部品技術を活用するため、MOUを交わした」と説明している。

2023-01-04-k003.jpg

産業用ロボット大手メーカーの2021年度の売上高を分子に、後述する市場規模を分母として、産業用ロボット業界の2021年の世界市場シェアを計算すると、1位はABB、2位はファナック、3位は安川電機となる。



関連記事

[ 2023年01月04日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp