韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  半導体投資税額控除率の拡大、大企業は8→15%、中小企業は16→25%

半導体投資税額控除率の拡大、大企業は8→15%、中小企業は16→25%

スポンサードリンク


政府は、半導体施設に投資する大企業に対し、投資額の15%を税金から減免する案を推進することにした。中小企業は25%まで減免を受けることができる。過去の景気低迷の時に運用した臨時投資税額控除を12年ぶりに復活させ、一時的に導入する。

政府は3日、このような内容が盛り込まれた「半導体などの税制支援強化策」を発表した。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副総理兼企画財政部長官は、「半導体は、韓国経済の大切な中枢産業であり、大韓民国の未来競争力および国家安保、生存に直結する戦略資産だ」とし、「国家戦略産業のグローバル競争力の確保と共に、企業の全般的な投資心理を回復するための画期的な税制支援策を用意した」と明らかにした。

これに伴い、半導体をはじめバッテリーやワクチン、ディスプレイなど、国家戦略技術分野での施設投資に対する税額控除率が7〜9%高くなる。大企業は8%から15%に、中小企業は16%から25%に上方修正される。これに先立って、政府は今年に限って、企業の投資増加分に対しては10%の追加税額控除率を適用することにした。これを合わせれば、大企業と中小企業はそれぞれ最大で25%と35%まで税金の恩恵を受けることができる。

スポンサードリンク

半導体以外の分野の企業投資の促進のため、2011年に廃止された臨時投資税額控除は今年のみ適用される。大企業が未来自動車や炭素中立などの新成長・オリジナル技術に施設投資をすれば、6%まで税額控除を受けることができる。中堅、中小企業はそれぞれ10%と18%ずつ控除される。新成長・オリジナル技術に含まれない技術の施設投資に対しても、税額控除率は2%ずつ上がる。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20230104/3870754/1

2023-01-04-k006.jpg

韓国政府は3日、半導体の設備投資などを行った大企業に対して投資額の15%の税額控除を行い、追加投資も加えると税額控除率を最大25%まで引き上げる内容を盛り込んだ半導体投資税制支援強化策を発表した。政府は支援強化に消極的な立場だったが、尹錫悦大統領の鶴の一声で方針転換した。

政府案によると、半導体・バッテリー・ワクチン・ディスプレーなど国家戦略技術の設備投資を行った大企業に対する税額控除率が現行の8%から15%に引き上げられる。 仮にサムスン電子が今年半導体の生産設備に1兆ウォン(1020億円)を投資すれば、1500億ウォン分に対する税金が減免されることになる。

これとは別に、今年の投資増加分(直前3年間の平均値比)に対しては10%の追加控除の恩恵が与えられる。 これにより、半導体など戦略分野で新規事業に参入する大企業は、増加分も合わせて最高25%の税額控除を受けることができる。 中小企業では控除率が現行の16%から25%に引き上げられ、投資増加分を含めた税率控除率は最高35%に上る。



関連記事

[ 2023年01月04日 08:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp