韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  韓国与野党、半導体支援に大乗的に乗り出してほしい

韓国与野党、半導体支援に大乗的に乗り出してほしい

スポンサードリンク


韓国政府が大企業の半導体・バッテリーなど国家戦略技術施設投資に対する税額控除率を現行8%から15%に引き上げることにした。政府が今年、期限付きで適用するという投資増加分に対する税額控除(10%)を考えると、大企業は最大25%、中小企業は最大35%の税額控除を受けることになる。また、政府は一般投資税の額控除率を1~10%から3~12%に、新成長・コア技術への投資は3~12%から6~18%にそれぞれ引き上げることにした。2011年以降中止されていた臨時投資の税額控除を今年に限って再導入するということだ。

政府の今回の半導体税制支援拡大案は、従来の立場を180度変えたものだ。政府は昨年末、国会議論の過程で半導体産業に対する税制支援が不足していないという立場を貫いた。国民の力の半導体特別委員会が半導体産業競争力の強化のために大企業の税額控除率を20%に引き上げる必要があると提案したが、税収減少の懸念を前面に出して企画財政部が主張した8%に最終決定された。大企業に対する特恵だと反発した野党の10%の案よりも低かった。与党の国民の力は特別な主張をしなかった。しかし、このように成立した法案に対して尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が遺憾の意を表し、「追加拡大積極検討」を指示すると、4日ぶりに政府が新しい案を出した。

国会議論の過程では意地を張っていたが、大統領の指示が下されると急変する政府の態度に失望したのは事実だ。それでも半導体など国家戦略技術に対する税制支援拡大が正しい方向だという点は否認できない。まず、世界景気低迷の深刻性を考えると、企業投資を促す非常な対策が必要なのが実情だ。

スポンサードリンク

さらに、世界各国が半導体などを戦略産業と位置付け、国の能力を総動員して支援しているのが現実だ。米国は昨年、半導体投資に対して25%の税額控除を新設し、520億ドル(約6兆8000億円)の補助金をつぎ込む半導体支援法を成立させた。半導体企業に最大10年間所得税を免除する中国は言うまでもない。

一部ではサムスン電子やSKハイニックスが税制優遇を受けることを挙げて反対するが、今は単に羨ましく思うような幼稚な見解にとどまる場合ではない。半導体は韓国輸出の20%を占める最大の戦略産業だ。半導体が低迷するたびに、韓国経済は危機に直面した。半導体が競争力を失えば、韓国経済の未来も暗くなる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4045277624d7d2d733bb9c6de7eab21d852d7b55

2022-12-19-k002.jpg

世界半導体市場で日本企業のシェアは、かつての50%から10%以下まで低下した。米国、韓国、台湾、中国が「半導体が国家の命運を担う」との認識に立ち、国を挙げて支援に乗り出す中、日本だけが取り残されている。とりわけ先端ロジックのファブレス・ファウンドリ化の出遅れは致命的で、このままでは日本が強い自動車やロボット産業まで弱体化してしまう。

日本はデバイスの世界シェアは下がったが、製造装置や材料の競争力は高い。日本が出遅れた微細化技術の「モア・ムーア」(「ムーアの法則(※3)」の中での平面方向への微細化)から、3D実装などの「モア・ザン・ムーア」(「ムーアの法則」を超えて立体構造、チップレットなど新技術による発展)へ技術トレンドがシフトする中、日本の半導体産業が再浮上する最大のチャンス到来といえる。

経済産業省は、2021年6月に「半導体・デジタル産業戦略」を公表するなど、半導体産業再生に向けたロードマップづくりに乗り出している。具体的には、①製造基盤の確保②次世代技術に向けた日米連携③ゲームチェンジとなりうる将来技術の開発―の3つのステップが基本戦略となる。



関連記事

[ 2023年01月05日 08:07 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
足りなくて困っているのか?
作りすぎて余って困っているのか?
メモリは余っているようだが。
[ 2023/01/05 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp