韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国社会 >  韓国、20代だけ失業者増加で、就職市場の寒さ厳しく

韓国、20代だけ失業者増加で、就職市場の寒さ厳しく

スポンサードリンク


20代の雇用が冷え込んでいる。昨年は雇用好調により他の年齢帯では失業者が減ったが、20代の失業者はむしろ増えた。専門職や大企業に行くことができなかった青年が失業者として残り、これまで好況を享受してきたプラットフォーム雇用まで鈍化してだ。今年は景気鈍化による雇用寒波が予告されただけに就職市場で青年層の厳しさが加重されるだろうという見通しが出ている。

統計庁国家統計ポータルの分析の結果、昨年11月の全失業者数は66万6000人で、前年同月より6万8000人減った。しかし同じ期間に20代の失業者は1万7000人(7.6%)増え23万5000人に達した。全失業者の3分の1以上が20代だ。20代の失業者増加傾向は昨年9月から3カ月連続だ。同月の就業者数も1年前より62万6000人増加したが、20代は4000人減った。企画財政部は「青年就業者数の増減が21カ月ぶりに減少に転じた」と評価した。昨年雇用市場に吹いたという「薫風」は20代を避けた格好だ。

スポンサードリンク

中小企業は泣き顔だ。昨年上半期の従業員300人未満の中小企業の未補充人材は16万4000人で、前年上半期の9万6000人より6万8000人(71.3%)増えた。未補充率は14.7%で、従業員300人以上の企業の5.6%より3倍近い水準に広がった。中小企業の給与や福利厚生、社会的評判などが最近の若者の希望に合っていないことが原因に挙げられる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/62dadda0580625e57d929a076d7581a11915d956

2014-02-22-wa-1.jpg

中小企業経営者は「外国人でどうにか人材を補充しているだけで、若い世代の志願は事実上途絶えた状況」と吐露する。働き口がないわけではなく、青年層の希望に合う雇用が限定的である「雇用のミスマッチ」が深刻としている。 長期的な賃金増加と雇用安定が保障されていない状況で収益が落ちたためプラットフォーム労働から離脱し求職を準備する20代の失業者が増加した。20代の就業者が減っているのは青年人口そのものが減少した影響も大きい。

昨年11月の20代の人口は624万9000人で、1年前より17万1000人(2.7%)減った。反対に60歳以上の高齢層は速いスピードで増加している。問題は今後高齢層と青年層が雇用をめぐり競争することになるかもしれない点だ。高齢層の労働力を活用する必要性が大きくなり、韓国政府は60歳以上継続雇用法制の用意など定年延長に対する本格的検討に入った。



関連記事

[ 2023年01月06日 10:45 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp