韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「ビザなし円安」、海外旅行の半数は日本行き

「ビザなし円安」、海外旅行の半数は日本行き

スポンサードリンク


ビザなし個人旅行の解禁と円安で、コーチが同行する「福岡マラソンパック」や「九州冬ゴルフパック」など、旅行者の好みに合わせた差別化された日本旅行の商品が最近次々に登場している。

5日、旅行業界によると、ハナツアーは、福岡博多湾サンセットビューマラソン大会に参加するという旅行とマラソンを組み合わせた商品を出した。コーチが同行してコンディションを管理し、ノウハウも伝授する。特色のある商品で若者の反響が良く、参加者の55%が「2030世代」だという。モドゥツアーも、「日本4色の魅力の中に」企画ツアーを出し、お好み焼作り、京都~福岡新幹線一周など異色の日程を盛り込んだ。

冬のゴルフ旅行客を狙ったパックも人気だ。インターパークは、済州島より緯度が低い九州で四季のゴルフが可能であるとし、ゴルフと温泉を共に楽しめる差別化された商品を提供した。宿泊オプションも伝統旅館、ホテル、ゴルフテルなど多彩だ。ゴルフテル商品は1日最大36ホールラウンドが提供される。

スポンサードリンク

特色ある日本旅行のパックが増えたのは、最近、国内旅行客の「日本集中化」現象がますます強くなっているためだ。旅行業界によると、日本が国内の海外旅行全体需要の半数近くを占めるという。インターパークは、昨年11月の1ヵ月間の国際線航空券の購入者が前年同期比1268%(約13倍)増えたと明らかにした。このうち人気路線1~3位を大阪(16.8%)、成田(12.7%)、福岡(12.6%)が占めた。5位の札幌(3.7%)、9位の沖縄(2.1%)まで含めると、日本の5都市が国際線航空券購入量の47.9%を占める。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20230106/3875014/1

2023-01-06-k003.jpg

日本の日銀は米国とは反対に、政策金利を低いまま維持しているので、投資家たちが円を売って、米国ドルを買っている。それがずっと続く円安につながっている。投資は、「安い時に買って高い時に売る」のが鉄則なので、そういう意味では「円買い」をする韓国の投資家たちもいる。今年の5月の資料だが、韓国の5大銀行の円の預金残高は、5536億円で、昨年末より約11.5%(569億円)も増加した。

こうして「NO JAPAN」や「ボイコット・ジャパン」などどこ吹く風で、日本を訪問する韓国人観光客が急増している。2年7カ月ぶりのノービザの入国許可に、「円安」まで重なったからだ。昨年11月20日には1日で2万人を超える旅行客が韓国から日本へと訪れた。



関連記事

[ 2023年01月06日 11:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp