韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、第4四半期の業績急減

サムスン電子、第4四半期の業績急減

スポンサードリンク


サムスン電子の昨年第4四半期(10~12月)の営業利益が69%急減する「アーニングショック」(実績激減)を記録した。グローバル景気鈍化の余波で、半導体のみならずスマートフォン・家電・ディスプレイなどほとんどすべての事業部門で実績が大幅に悪化した。専門家たちは今年上半期までさらに厳しい業績寒波が吹き荒れるとみている。

サムスン電子は6日、昨年第4四半期の営業利益が4兆3千億ウォン(連結基準・約4500億円)で、前年同期(13兆8千億ウォン)に比べ69%減少したと暫定公示した。売上は70兆ウォン(約7.4兆円)で、前年同期(76兆5千億ウォン)より8.5%減少した。サムスン電子の四半期の営業利益が5兆ウォン以下になったのは、2014年第3四半期(4兆600億ウォン)以来8年ぶりだ。

昨年下半期から半導体の需要と完成品の消費が急速に萎縮し、情報機器・家電業界の最大繁忙期である第4四半期に最悪の成績を出した。こうした営業実績は、市場展望値の最小値(5兆ウォン台半ば)より低い数値だ。サムスン電子は異例に「暫定実績が市場の期待を大きく下回り、市場と投資家の理解を助けるため」として別途の説明資料まで出した。

スポンサードリンク

サムスン電子の事業部門別実績はこの日公開されなかったが、主力であるメモリー半導体の実績悪化が予想より大きかった。景気低迷の見通しにより顧客会社の購入需要が大幅に減り、在庫増加で価格下落幅もやはり当初の見通しより拡大した。証券界隈では、昨年第4四半期の半導体部門(DS)の営業利益が1兆ウォン台の中後半にとどまったと推算している。これは直前の第3四半期(5兆1200億ウォン)より70%以上減少した数値だ。NAND型フラッシュメモリーは第4四半期に赤字転落したとみられる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/45564.html

2023-01-07-k002.jpg

韓国サムスン電子は6日、2022年第4・四半期の営業利益が69%減の4兆3000億ウォン(33億7000万ドル)になる見込みだと発表した。世界的な景気悪化を背景に電子機器の需要が落ち込んだ。営業利益は14年第3・四半期以来8年ぶりの低水準で、リフィニティブ予想の5兆9000億ウォンを下回った。

サムスン電子は「メモリー事業は第4・四半期の需要が予想以上に減少した。顧客が財務をさらに引き締めるため在庫を調整した。世界的な高金利の継続と経済見通しの低迷で消費者心理が悪化するとの懸念が背景だ」と述べた。同社は、第4・四半期の売上高が前年比9%減の70兆ウォンになる見通しも明かした。

第4・四半期はメモリー半導体の価格も予想以上に下落した。メモリー供給業者の在庫が増えたことが背景。モバイル部門の利益は第4・四半期に減少。マクロ経済問題の長期化で需要が低迷し、スマートフォンの販売と売上高が落ち込んだ。BNKインベストメント&セキュリティーズのアナリスト、リ・ミンヒ氏は「全部門が困難に直面したが、特に半導体とモバイル事業の状況が厳しかった」と述べた。



関連記事

[ 2023年01月07日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp