韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  「核vs先端兵器」、今年も互いに向かって走る南北

「核vs先端兵器」、今年も互いに向かって走る南北

スポンサードリンク


元日、平和の希望とは正反対の現実が韓国メディアのヘッドラインを飾った。明け方に「(北朝鮮)超大型放射砲今日1発(昨日3発)発射」という速報が出てから、一日中北朝鮮の党全員会議の結果発表に関する報道が続いた。要するに、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党総書記が「戦術核を大量生産し、核弾保有量を幾何級数的に増やすよう」指示し、「新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)核弾頭の増大と動員力の強化など新年の軍事力方向を提示」したという内容だった。これらの報道をBBCやCNNなど海外メディアがそのまま伝え、新年の花火大会の間に暗い背景として配置した。

昨年8月以降、核攻撃能力を備えた米軍の戦略兵器が韓米日共同訓練に動員され、北朝鮮は核武力運用の法制化と共に多様なミサイル発射で対抗したことで、朝鮮半島の軍事問題で核戦争の危険性がさらに浮き彫りになった。実際に核戦争が起こる可能性は、たとえゼロではなく過去に比べて相対的に高まったとしても、依然として低いとみるのが合理的だ。にもかかわらず、北朝鮮が核武力の強化を「自分のタイムテーブル通りに前進」させると(昨年12月26日の党中央委全員会議で)明らかにした以上、それに対する見通しとその意味の分析は必要だ。

スポンサードリンク

北朝鮮が2017年11月に「核武力完成」を宣言したのは、分裂弾(原子爆弾)と融合弾(水素爆弾)を含む6回の核実験を実施し、ICBMと2回の人工衛星の打ち上げに成功したことに基づいている。形としては中国が1970年に実現したいわゆる「両弾一星」(二つの爆弾と一つの人工衛星)の再現だったが、実質的な能力と技術水準においては「不十分な完成」だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/45582.html

2022-11-04-k005.jpg

北朝鮮の核戦力は、米国やロシアのように核兵器三角システム(ICBM、戦略原子力潜水艦、戦略爆撃機)ではなく、戦略爆撃機を除くICBMと潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM、SLBM)のみの「二角システム」から成り立っている。爆撃機の代わりに戦術核兵器を核戦力の重要な構成要素に含むなら、「北朝鮮版核武力三角システム」が実現する。

北朝鮮の核武力強化に対し、米国の「拡大抑止」強化と韓国および日本の通常戦力の増強による抑止となる。朝鮮半島地域の軍拡競争は、当分構造的に深化する。もっとも日本においては中国の脅威のほうが恐ろしい。 一方で、韓国の今年の国防予算は名目上、日本の防衛予算より大きい57兆ウォン(約6兆円)以上となる。だが軍備維持管理及び訓練に劣る韓国軍では、カネの無駄使いが加速するだけとなるが…。



関連記事

[ 2023年01月09日 07:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
北朝鮮は防衛装備を格上げして攻撃兵器を増備している。
金正恩は経済性を考え出して、兵器投資の採算をとろうとする。
なにをやらかすのか。
[ 2023/01/09 13:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp