韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  中国、今回は「トランジットビザ」免除停止、2日連続で入国規制

中国、今回は「トランジットビザ」免除停止、2日連続で入国規制

スポンサードリンク


中国が韓国と日本に対して短期ビザ発給を中断したのに続き、72時間(3日)と144時間(6日)の間、トランジットビザ(通過査証)の免除措置も停止した。中国が前日、韓日に対して観光および短期訪問ビザ発給を中断したが、これに対する後続措置とみられる。ただし、24時間経由する場合は、従来通りビザ免除は維持される。

中国移民管理局は11日、「最近、少数の国で中国国民に対する差別的入国制限措置を施行したことを受け、このような措置を導入した」とし、韓国と日本に対して72時間や144時間の間、トランジットビザを免除する制度を中断したと発表した。中国は経由者に限って一定時間、中国空港など指定された場所にビザなしの滞在を認めているが、韓国と日本の国民に対してはこのような恩恵を与えない方針だ。

トランジットビザ免除制度は、国際路線の航空機が中国を経て第3国に向かう場合、中国内の短期滞在時間が一定時間を超過しない場合、国務院が批准した特定区域内で規定の時間はビザなしで滞在するようにする制度だ。

スポンサードリンク

しかし、24時間の間は中国をビザなしで経由して3国に行くことは引き続き可能だ。中国には24時間、72時間、144時間のトランジットビザ免除制度があるが、今回中国当局がビザ免除を制限すると明らかにしたのは72時間と144時間だ。駐中韓国大使館関係者は「24時間ビザなしで中国を経由することは可能だと把握している」と述べた。 今回の措置は中国を経由して3国に向かうことを防ぐ追加制裁ではなく、前日中国当局が発表した観光および短期訪問ビザ発給停止措置を補むものと見られる。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/45616.html

2023-01-12-k002.jpg

中国の出入国管理当局は11日、日韓国民へのトランジットビザ(通過査証)免除措置を停止したことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染予防のための水際対策を巡って、外交的な対立が深まっている。中国政府は8日から入国時の隔離義務を撤廃、ゼロコロナ政策を事実上終了した。一方、中国における感染急拡大や情報の少なさを懸念し、中国からの渡航者に陰性証明の提示などを求める国は少なくない。

日本と韓国も、中国からの入国者に対する水際対策を強化。前日、中国は対抗措置として、両国民に対する短期訪問ビザなどの新規発給の停止を明らかにしている。今回さらに通過ビザの免除措置も停止したことで、対立が一段とエスカレート。日中韓の経済関係に影響を及ぼす可能性もある。 トランジットビザとは、日本語で『通過査証』といい、国際線の乗り継ぎのため、その国を通過する目的のために発給されるビザのことをいう。中国政府は、中国を経由して他国に向かう際に免除していたトランジットビザについても一時停止するとした。



関連記事

[ 2023年01月12日 08:22 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp