韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  今年の韓国経済は、バッテリー・バイオ分野の育成が喫緊の課題

今年の韓国経済は、バッテリー・バイオ分野の育成が喫緊の課題

スポンサードリンク


大韓商工会議所は11日、85人の経済・経営専門家を対象に「2023年の経済キーワード、および企業環境の展望」を調査した。結果、ことしの経済を表すキーワードとして「風前の灯火」「四面楚歌(そか)」などが挙がった。なかでも「不思議の国のアリス」で、アリスがウサギの穴に落ちるように、韓国経済が暗く混乱した状況に陥るとの憂慮も出ている。

実際、ことしが「低成長が固定化する最初の年となる」との見方について「同意する」が76.2%に達した。専門家が展望することしの韓国の経済成長率は1.25%水準で、主要機関による展望値1.5~2.0%を下回った。

韓国経済が直面する経済分野のリスクとしては、「高金利」(24.5%)と、「物価高や原材料の高騰の持続」(20.3%)が最大となった。これに「輸出の鈍化と貿易赤字の長期化」(16.8%)、「国内経済の停滞」(15%)が続いた。

スポンサードリンク

半導体に続き、韓国経済をけん引する産業としては「バッテリー」(21.2%)、「バイオ」(18.8%)、「モビリティ」(16.5%)、「人工知能(AI)」(10.6%)などが提起された。 大韓商工会議所のカン・ソック調査本部長は「主要な改革課題は成長を支える重要な政策だけに、揺るぎなく推進するべきだが、現在のように社会的葛藤が深刻な状況では苦戦も多いだろう。根幹となるのは結局、政府と国会の協力」と話した。
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0112/10378975.html


韓国 電気自動車IONIQ5のインバータを分解した結果


韓国経済を支える自動車産業の危機的状況が明らかに

韓国政府が来る2027年までにグローバル5大技術強国に跳躍するため次世代原子力、宇宙航空、半導体・ディスプレイなど12分野を「国家戦略技術」に定め集中育成するという計画を発表した。今年から12カ国戦略技術分野R&Dに約4兆ウォンを投入し、緊急性が要求される量子コンピューティング・センサー、革新型小型モジュール原子炉(i-SMR)などには2,600億ウォンを支援する。国家戦略技術の育成を通じて未来成長と技術主権の実現に積極的に乗り出すという戦略だ。

国家戦略技術育成方案では、前政権当時に発表した(2021年12月)10の必須戦略技術を土台に追加需要調査を実施し、専門家による評価および官民合同検討・分析を通じてサプライチェーン・通商、新産業、外交・安保など技術主権観点からの戦略的重要性を根拠に12大国家戦略技術を選定した。△半導体・ディスプレイ、△二次電池、△先端移動手段、△次世代原子力、△先端バイオ、△宇宙航空・海洋、△水素、△サイバーセキュリティ、△人工知能、△次世代通信、△先端ロボット・製造、△量子

2023-01-13-k001.jpg

このうち量子、次世代原子力、半導体技術が最も核心的な技術として挙げられる。現在、量子技術は胎動期段階であり、量子コンピューティングと超精密量子センサーを開発すれば、世界市場をいち早くリードすることができるためだ。半導体の場合、シリコン基盤から化合物基盤に電力半導体素子の世代交代が予想されるだけに、未来半導体産業の主導権を確保するために素子開発が必須だ。次世代原子力も小型モジュール原子炉(SMR)開発の際、エネルギー源の確保と炭素中立目標達成に役立ち、グローバル市場で競争優位を確保することができると評価される。



関連記事

[ 2023年01月13日 07:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp