韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  2023年、日本には新たに約2600社の「100年企業」が誕生する

2023年、日本には新たに約2600社の「100年企業」が誕生する

スポンサードリンク


「23年が始まり、日本企業の動向がどうなるかは、日本国内だけでなく隣国やアジア太平洋地域の各国の関心を引く話題だが、さまざまな見解や切り口があり、簡単に論じることはできない」として、三つの注目点を挙げた。

一つ目は「22年の日本企業の合併・買収(M&A)件数が過去最多を記録したこと」で、22年1~12月に出資もしくは買い手か売り手のどちらかに日本企業が関わったM&Aの件数は、前年比1%増で過去最多の4304件を記録したという。国内外の投資会社による国内企業の買収件数が前年比3%増の1071件で最多を記録したことや事業承継案件が700件を超え、全体の2割弱を占めた事が理由だという。記事はこれについて「専門家がどんな美辞麗句の理由を並べ立てたところで、結局はお金に困っている企業や事業を継続できない企業が日本に多かったということ」と指摘した上で、「M&Aの件数は増えても、全体の合計金額は前年比32%減の11兆4356億円で、海外企業による日本企業の買収額も3兆9552億円で約4割減っている。世界同時不況や新型コロナの影響で人的交流が阻害された中で、日本企業の価値が下落したことは否めないかもしれない」と論じた。

二つ目は「23年に2649社が100周年を迎えること」で、帝国データバンクなどが調査したところでは、全国で2万8476社が23年に50周年を、2649社が100周年を迎え、業歴100年超の老舗企業は4万2966社に増えるという。記事は「日本企業の平均年齢は約30年で、50年、100年以上経営を続けるのは並大抵のことではない。こうした企業の存在が日本企業の匠の精神を伝え続け、日本経済のたくましさを表現している」とした。

スポンサードリンク

三つ目は「主要企業のトップが先行きの不透明さを感じていること」で、記事は日本メディアの日本経済新聞などが年末年始に行った企業経営者へのアンケート結果を引用し、資源や原材料価格の上昇、高止まりや中国経済の減速で、23年も景気が続いて悪化すると考えている経営者が約36%いることに言及し、「グローバル経済の変化にしたがって海外事業の方向性を調整すること、環境保護政策の変化にしたがってビジネス戦略を調整すること、企業価値を維持したまま発展を継続するために資本をさらに投入すること、23年はこの三つが成長発展の鍵となるだろう」と分析した。
https://www.recordchina.co.jp/b907412-s25-c20-d0197.html

2023-01-14-k003.jpg

2023年に50周年を迎える企業は2万8476社に上りますが、100周年はわずか2649社。事業継続には厳しい時代だったことがうかがえる。 1912~1926年の大正時代は、「大正デモクラシー」「大正ロマン」という言葉に代表されるように、政治・文化面で大きく変わった時代でした。一方で、第一次世界大戦(1914~1918年)後の不況のなか、1923年9月1日には死者が10万人を超えた関東大震災(1923年)に見舞われた。

また2023年に200周年、300周年、400周年を迎える企業もある。日本は世界的にも珍しく創業1000年を超える企業が多数ある。宗教法人以外で最古の建設会社とされるのが、578年創業で社寺建築を手がける「金剛組」(大阪府)。その後は、華道「池坊」の一般財団法人池坊華道会(京都府)が587年、「世界最古の宿」としてギネス認定された西山温泉の慶雲館(山梨県)が705年、温泉旅館の古まん(兵庫県)が717年、旅館運営の善吾楼(石川県)は718年創業と続く。



関連記事

[ 2023年01月14日 08:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp