韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  米「非核化が重要」、尹大統領の「核武装の可能性」に否定的な考え示す

米「非核化が重要」、尹大統領の「核武装の可能性」に否定的な考え示す

スポンサードリンク


米国が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の韓国独自の核武装の可能性発言と関連し、朝鮮半島非核化の原則を再確認した。 ジョン・カービー米国家安全保障会議(NSC)戦略広報調整官は12日(現地時間)の記者会見で、尹大統領の発言に対する立場を尋ねる質問に対し、「ジョー・バイデン大統領は朝鮮半島の完全な非核化を約束しており、それに変わりはない」と答えた。韓国の核武装に否定的な考えを遠まわしに示したものとみられる。

カービー調整官は「韓国政府が核兵器を追求しているわけではないという点を明確にした」とし、「ただし、韓米は共同で拡大抑止の拡大を議論しており、我々はこのような方向に進む」と付け加えた。拡大抑止は通常戦力とミサイル防衛、核の傘など、利用可能なあらゆる手段を動員し、北朝鮮の軍事行動を抑制するという概念だ。

米国防省のパトリック・ライダー報道官も同日、「米国の政策は依然として朝鮮半島の完全な非核化に焦点が当てられている」とし、「我々は域内の同盟国である韓国および日本とともに安全保障と安定を守り、北朝鮮のような国からの攻撃を遮断するために協力している」と述べた。

スポンサードリンク

また「この問題は潜在的な核兵器使用を防止することと関連した核不拡散および域内の安全保障と関連している」とし、「韓国は米軍に加え米国の拡大抑止の傘の中にあるということも忘れてはならない部分」だと付け加えた。 尹大統領は国防部の年頭業務報告で、北朝鮮の挑発が強まれば「大韓民国が戦術核を配備したり、独自の核を保有することも考えられる」とし、「もしそうなれば、韓国の科学技術により、韓国も早期に(核兵器を)持つことができるだろう」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/45638.html

2023-01-15-k002.jpg

韓国の尹錫悦大統領が戦術核の配備や独自の核開発の可能性に言及したことに対し、米国政府が朝鮮半島の完全な非核化原則を再確認しながら否定的だ。尹大統領は11日、国防部の業務報告で発言し、北朝鮮の挑発と脅威が高まる場合「大韓民国が戦術核を配備したり独自の核を保有することも可能」と語っているが、国の信用が無い韓国政府と韓国軍である。

今まで何度となく中国へ情報を売った事例がある。最高機密情報は日米のみで韓国には通達しないという部分は今なお実施されている。この状態で韓国軍が核保有などある得ないだろう。



関連記事

[ 2023年01月15日 09:06 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp