韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  KIAのカレンスが「2023年のインドの今年の車」に選定

KIAのカレンスが「2023年のインドの今年の車」に選定

スポンサードリンク


KIA自動車は15日、インドの戦略型モデルのカレンスが、「2023年のインドの今年の車」に選ばれたと明らかにした。18人の自動車専門記者が受賞作を選ぶこの賞は、インドで最も権威のある自動車分野の賞で、現地消費者の新車購入に重要な役割を果たすというのがKIA自動車側の説明だ。

カレンスは、インドの自動車メーカーであるマヒンドラのスコルピオやマルチのグマルティのグランドビタラを抜いて、最高賞を受賞する栄誉に輝いた。

2019年8月にKIA自動車がセルトスを発売し、インド市場に進出して以来、3年5ヵ月ぶりの成果と言える。KIA自動車は、グリーンカー部門でも純電気自動車モデルEV6が受賞作に選ばれ、2部門を席巻した。

スポンサードリンク

KIA自動車の関係者は、「インドの今年の車の史上、同年に3部門で2冠を達成したブランドはKIA自動車が初めてだ」とし、「今回の受賞で、インド市場でKIA自動車の技術力と力量が認められ嬉しい」と感想を述べた。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20230116/3896680/1

2023-01-17-k003.jpg

インドは、2030 年までに量の点で世界第 3 位の自動車市場になると予想されている。 また2,220 億ドルの自動車産業は、2026 年までに 3,000 億ドルに達するとしている。インドの自動車市場では、二輪車と乗用車がそれぞれ 76% と 17.4% の市場シェアを占めています。乗用車販売は中小型車が中心。自動車の総輸出台数は、2020-21 年の 4,134,047 台から 2021-22 年の 5,617,246 台に増加し、35.9% のプラス成長を記録した。

インドは、2024 年末までに自動車産業の規模を 15 億ルピーに倍増することを目指している。2021 年 4 月から 2022年 3月にかけて、乗用車の輸出は 404,397 台から 577,875 台に増加し (42.9% のプラス成長を記録)、商用車の輸出は 50,334 台から 92,297 台に増加し、三輪車の輸出は 393,001 台から 499,730 台に増加し、二輪車の輸出は増加た。 2021年 4月から 2022年 3月にかけて、前年同期の 3,282,786 台から 4,443,018 台に増加した。 インドではスズキが40%以上のシェアを持つ。次いで現代自が10%台シェア。



関連記事

[ 2023年01月17日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp