韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  日銀がさらなる金利上昇を容認する思惑で円高進む

日銀がさらなる金利上昇を容認する思惑で円高進む

先週(1月10~13日)の日経平均株価は、1週間で145円(0.6%)上昇して2万6,119円で終了した。先週は米国株を代表する株価指数であるナスダック(ナスダック総合指数)が1週間で4.8%上昇しましたが、日経平均は上値の重い展開となった。

円高が日本株の上値を抑えている。先週、一時1ドル=127円台まで円高が進んだために、日経平均の上値が抑えられている。 昨年12月20日に日本銀行が事実上の利上げ(長期金利上限を0.25%から0.5%に引き上げ)を行ってから、円高が進んでいる。円高が進むたびに日本株が売られる展開が続いています。円高だとなぜ日本株は弱くなるのか? それを理解する鍵となるのが、「ドル建て日経平均」の動きだ。

ナスダックと日経平均は異なる動きをしている。2021年10月以降、ナスダックが急落する中で、日経平均はあまり下がりませんでした。今年に入ってからは、ナスダックが反発する中で、日経平均は下がっています。ナスダックとドル建て日経平均にはかなり連動性があり、ドル/円為替レートの動きが、日経平均に大きな影響を与えていることがわかる。

スポンサードリンク


2021年末~2022年10月まで、急な円安が進んでいた。この間は、ナスダックが急落しても日経平均はあまり大きくは下げませんでした。これには二つの理由がある。円安が日本の企業業績にプラスに働く、円安によってドル建て日経平均が下落。ドルで投資する外国人投資家から見て、日本株が安く買えるようになるので、外国人の売りが出にくくなる。

2022年10月以降、急な円高が進んでいます。この間は、ナスダックよりも、日経平均の方が弱い動きとなった。これにも、同じく二つの理由がある。円高が日本の企業業績にマイナスに働く、円高によってドル建て日経平均が上昇。ドルで投資する外国人投資家から見て、日本株の買い値が上昇しているので、外国人の売りが出やすくなる。 このように、今は円高が日本株の上値を抑える要因となっている。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/40247

2023-01-18-k006.jpg

為替相場が円安・円高というように変動する大きな要因は2つの通貨間の“需給バランス”にある。たとえば円相場を例に見ると、円を売ってドルを買いたい人が多ければ「円安ドル高」、円を買ってドルを売りたい人が多ければ「円高ドル安」となる。では、需給はどのような要因で変化するのか。

為替相場と金利の影響を見ると、一般的に「金利が高い国の通貨は上昇し、金利が低い国の通貨は下落する」といった傾向がある。たとえば、預貯金をする場合、金利だけを比較すると、利息が多くもらえる金融機関に預けたほうが有利になる。為替相場も同じで、「日本の円の金利が低く、米国のドルの金利が高い」ということになれば、ドルを買う人が増えて、為替相場は「円安ドル高」の方向に動きやすい。

物価が上昇する(インフレーションになる)と、「同じ価格で購入できる商品・サービスの量が減る=通貨の価値が下落する」ため、インフレが起きている国の為替レートは安くなりやすい。これとは逆に、物価が下落する(デフレーションになる)と、「同じ価格で購入できる商品・サービスの量が増える=通貨の価値が上昇する」ため、デフレが起きている国の為替レートは高くなる傾向がある。

ただし、これはあくまでも一般論で、たとえば、インフレを抑えるために中央銀行が利上げをするのであれば、インフレ減退や高金利国への資金流入などが想定され、為替レートが高くなることも考えられる。貿易や投資、金融取引などによる、国内と諸外国とのお金の出入りを表す国際収支や経常収支も為替相場に影響を及ぼす。

たとえば、日本は原油などの資源の多くを輸入に頼っているが、輸入代金の支払いのために円を売ってドルなどの外貨を買う必要があることから輸入の拡大は「円安要因」になる。一方、輸出などで得た代金を国内に戻す場合には、ドルなどの外貨を売って円を買うことから「円高要因」になる。そのため、国際収支や経常収支が赤字になると円を売る取引が多くなり「円安」に、黒字になると円を買う取引が多くなり「円高」になりやすい。


関連記事

[ 2023年01月18日 09:37 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp