韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国社会 >  韓国人、旧正月連休には故郷の代わりに日本・ベトナムへ

韓国人、旧正月連休には故郷の代わりに日本・ベトナムへ

スポンサードリンク


「旧正月の連休に故郷に帰るの?私は日本に旅行に行くんだけど」 旧正月の連休の海外旅行予約が急増した。今年の連休は相対的に期間が短く、日本やベトナムなど近い国に行こうとする旅行客が多かった。

インターパークが今年の旧正月連休期間(1月21日~24日)の海外旅行予約データを分析した結果、国際線航空券の前売り率が昨年の旧正月連休時(2022年1月29~2月2日)に比べ3135%増加した。路線別の前売り率をみると、日本路線の航空券前売りが49%で最も多く、東南アジア路線が37%で後に続いた。昨年の旧正月連休の時は、長距離旅行先である米国・カナダと欧州路線の前売り率がそれぞれ41%、31%に達したのとは対比される。

パッケージ海外旅行商品の予約も、昨年同期に比べて3187%増えた。最も人気の高いパッケージ観光地はベトナムのダナンであり、連休期間に合わせた3泊4日の旅行商品の予約が最も多かった。インターパークは「今年の連休が短いことと、ソーシャル・ディスタンシングの解除後の航空券価格上昇のために近距離の旅行地を好む傾向が高まった」と分析した。

スポンサードリンク

他の旅行プラットフォームの旧正月連休期間の海外旅行商品販売データも似たような流れを見せた。自由旅行予約プラットフォームのKLOOKが旧正月連休期間の旅行予約データを分析した結果、日本と東南アジア地域の旅行商品の予約件数が全体の78%を占めた。TMONが旧正月連休の航空券前売りデータを分析した結果でも、大阪・福岡・東京が最上位圏を記録した。日本政府観光局によると、昨年10月の日本へのビザなし入国再開後、最初の月である11月の1カ月間に日本に入国した外国人訪問客の34%が韓国人だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/45692.html

2023-01-20-k002.jpg

一方で、韓国で成人2人に1人ほどが今回の旧正月連休にアルバイトをする計画を持っているという調査結果が出た。求人求職アルバイト専門ポータル「アルバ天国」が成人男女2667人を対象に旧正月の計画についてアンケートを取った結果、54.0%が旧正月連休にアルバイトをすると答えた。

昨年実施した同一のアンケート調査(38.8%)より15.2ポイント上昇した数値だ。職業別では▽就活生56.5%▽大学生54.5%▽会社員51.4%――など就活生のアルバイト求職の意思が高くあらわれた。アルバイトをしようとする理由は「短期の小遣い稼ぎ」(39.8%)が最も多く、「ずっとアルバイトをしているから」(32.6%)、「旅行費用、授業料などまとまったお金を用意する」(25.6%)などの順だった。



関連記事

[ 2023年01月20日 07:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp