韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  日本のスマホ市場でシェア好調のサムスン、今年も社名ロゴは封印

日本のスマホ市場でシェア好調のサムスン、今年も社名ロゴは封印

スポンサードリンク


2023年1月18日、韓国・ファイナンシャルニュースは「昨年の日本のスマートフォン市場でここ10年で最高のシェアを記録したサムスン電子が、今年も『Samsung』の代わりに『Galaxy』のロゴを使ってシェア拡大を続ける」と伝えた。

記事によると、サムスンは16年から日本内に供給されるモバイル製品に「Galaxy」のロゴを採用している。サムスンは来月発売されるGalaxy S23シリーズでも「Samsung」の代わりに「Galaxy」のロゴを使用する予定。サムスンが製品に企業名ではなくスマホブランド名を入れている国は日本のみで、文字のフォントも日本市場は他の市場と若干異なるという。これは、自国企業に対する信頼が厚く、韓国メーカーに保守的な消費傾向を持つ日本の消費者を意識した戦略的判断とみられている。

サムスン関係者は「日本市場も重要な市場であるため、現地に合わせた戦略でブランド価値を高めることに最善を尽くしている」と説明した。

スポンサードリンク

ロゴを変更してからサムスンの日本市場シェアは徐々に改善傾向にある。17年に5%台を突破し、19年には7%台、20年には10%台に上昇した。昨年1~3月期には13.5%となり、米アップルに続く2位を記録。日本市場でサムスンがシャープやソニーを上回るのは異例のこと。 今後もサムスンは日本市場でのシェアを拡大するためマーケティングなどに力を入れていく方針だという。
https://www.recordchina.co.jp/b907888-s39-c20-d0191.html

2023-01-20-k003.jpg

米Apple(アップル)がスマートフォン(スマホ)シェア過半を占める「iPhone天国」の日本で、韓国Samsung Electronics(サムスン電子)のシェアが上昇している。アップルや中国勢との競争に脅かされるようになってきた王者サムスン電子にとって、これまでシェアが少なかった市場の攻略が欠かせない。最後の激戦地になるとみられるのは中国市場だ 。韓国メディアは2022年5月中旬、「アップル天下の日本で、サムスン電子が約10年ぶりにスマホのシェアを獲得した」と大きく報じた。

調査会社である米Strategy Analytics(ストラテジーアナリティクス)が発表した調査結果を引用し、「22年1〜3月の日本におけるサムスン電子のシェアが13.5%に高まり、2位に浮上した」などとした。 ストラテジーアナリティクスの調査によると、日本におけるサムスン電子のシェアは、12年に15%弱を確保して以降、16年には3%台まで下落した。今回のサムスン電子のシェアは約10年ぶりの水準であり、韓国メディアは大いに盛り上がっている。



関連記事

[ 2023年01月20日 08:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp