韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  韓国語が世界7位の学習言語に浮上…日本語は5位

韓国語が世界7位の学習言語に浮上…日本語は5位

スポンサードリンク


「Kポップやドラマなど韓国のコンテンツが全世界で愛され、韓国語が人気のある言語になった」と米CNNテレビが17日(現地時間)に報じた。

CNNはグローバル言語学習アプリ「デュオリンク」の調査結果として「韓国語は昨年このアプリで7番目に多く学習された言語になった」と伝えた。デュオリンクのユーザーは5億人で、英語の学習者が最も多かった。次いでスペイン語、フランス語、ドイツ語、日本語、イタリア語の順だった。韓国語は7位で、他に中国語、ロシア語、インド語が10位圏内に入った。CNNは「中国語は使う場面は多いが、国のイメージが低下したため外国語学習の順位で韓国語に抑えられた」と分析している。

韓国語は特に西アジアや東南アジアで大きな人気だ。フィリピンやブルネイなど4カ国では最も多く学習される外国語1位となり、タイ、インドネシア、パキスタンでも上位に入った。CNNは「韓国語は言語の特性故に学習はしにくいが、それでも人気が高いのは注目すべき現象だ」と伝えた。

スポンサードリンク

CNNは「韓流の影響も大きい」と分析している。米国の高等教育機関の外国語講座で韓国語教室の受講者数は2002年の5200人から16年には1万4000人に増えた。アイドルグループのBTSが爆発的な人気となり、12年には歌手PSYの「江南スタイル」、19年には映画「パラサイト」、21年にはネットフリックスのミニシリーズ「イカゲーム」など韓流の大成功作品が相次いで登場したことも関心が高まる要因になったという。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/01/19/2023011980065.html

2023-01-20-k010.jpg

昨年6月、世界5億人のユーザーを持つ語学アプリ「Duolingo」は、同アプリの調査で日本語が人気言語ランキング5位に位置していると発表した。主要国の中で最も学習者の伸び率が高く、日本への外国人観光客の受け入れが本格スタートし観光魅力度ランキング初の世界1位も獲得したことから、日本への興味が高まっているといえる。

日本文化への関心が高まる中、日本アニメやサブカルチャーの人気をきっかけに、海外で日本語の学習熱が高まっている。世界最大級の語学アプリ「Duolingo(デュオリンゴ)」の利用データから、国・地域ごとの人気言語ランキングを調べたところ、日本語は19年に12カ国、20年に15カ国、21年は19カ国でトップ3位に入った。これは、英語(138カ国)、フランス語(111カ国)、スペイン語(106カ国)、ドイツ語(44カ国)に続く5番目の多さで、イタリア語(14カ国)を上回る。日本語コースの登録者数は世界で1500万人を超え、主要言語のなかで学習者数の伸び率がもっとも高い。



関連記事

[ 2023年01月20日 08:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp