韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国経済 「今年は不況に突入も下半期に回復の可能性」=韓国経済報告書

韓国経済 「今年は不況に突入も下半期に回復の可能性」=韓国経済報告書

スポンサードリンク


1日、韓国の現代経済研究院が最近、「2023年7大国内トレンド・超未知の危機を克服するための我々の希望(OUR HOPE)」報告書を発表したことが分かった。この報告書では国内における今年の主要キーワード7つを提示。今年の韓国経済は不況の局面に突入するという。ただ、下半期に入ってからは、景気が転換する可能性もある。

最初のキーワードとして「上低下高の可能性(Optimism and Pessimism)」をあげている。今年の国内インフレ(物価上昇)傾向などを考慮した場合、経済下降が本格化し、不況局面に進入すると予想。ただ、内外のリスク要因の行方によっては、「上低下高」の景気傾向を見せるとの見方を示した。「上低下高」とは上半期には沈滞局面が続き、下半期に入って景気が回復傾向を見せる可能性があるという意味だ。

景気動向の方向を決める内外の要因としては、世界経済の低迷による輸出景気の行方、ロシア・ウクライナ戦争の様相、インフレ傾向と基準金利の変化などをあげた。もし下半期にも景気反騰の転換点が現れなければ、長期の不況に陥り2024年まで沈滞が持続する可能性があると予測した。

スポンサードリンク

2番目は「超未知の危機(Unknown-unknown crisis)」をあげた。ほとんどの経済予測機関が、今年が韓国の経済成長率が1%台に下方修正するものとみているという。政府の政策と関連しては「補正予算とピボット(Revised supplementary budget and Pivot)」がキーワードとして選ばれた。政府が今年の経済状況悪化に対応するために、これまでの「物価安定」と「財政健全性向上」の目標水準を下げ、通貨政策の方向転換(ピボット)に乗り出すか、または補正予算を編成すると予測した。
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0122/10380285.html

2023-01-23-k001.jpg

韓国開発研究院(KDI)は9日、「2023年1月経済動向」で「韓国経済は最近、製造業を中心に輸出不振が深刻化し、景気鈍化が可視化している」と評価した。昨年11月に「景気鈍化の可能性を示唆する指標が増えた」、同12月に「景気鈍化の可能性が高まっている」と、それぞれ診断したことと比較すると、景気鈍化が本格化したという意味。

国内主要経済機関のトップらも今年の韓国経済が「上底」の流れであると展望している。チュ・ギョンホ経済副首相兼企画財政相は昨年最後の非常経済長官会議で「韓国経済の内外環境は依然として非常に厳しく、特に対外環境の悪化などで来年上半期はよりいっそう困難になると予想される」と話している。 基本的には半導体動向と現代自の自動車の売り上げに起因するとみる。



関連記事

[ 2023年01月23日 07:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp