韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  トヨタ「2000GT」のプロトタイプ!? …日本グランプリに出場した幻の名車

トヨタ「2000GT」のプロトタイプ!? …日本グランプリに出場した幻の名車

スポンサードリンク


トヨタ 2000GTスーパーレプリカの「Rocky 3000GT」をイチから造れる“確かな技術力”を誇っているロッキーオート(Rocky Auto)が、またまたオモシロイことを展開している。今度はクルマ好きに何を提案してくれたのかというと、かつてTEAM TOYOTAのキャプテンだった細谷四方洋氏が現役時代に走らせた、レース仕様トヨタ 2000GTのレプリカを製作したのだ。

東京オートサロン2023のRocky Autoブースにて「Rocky 3000GT」と「TOYOTA 2000GT 細谷四方洋 グランプリ 15号車」の2台が展示され、そのディテールを確認することができた。このパートでは細谷号の素性を報告しよう。1966年の第3回日本グランプリで細谷四方洋選手が駆った2000GTは、2台のプリンスR380に続く3位で決勝レースを終えた。サンパーマルという通称でも知られるR380はプロトタイプレーシングカーだったので、その速さは圧倒的だった。

このときに出走した2000GTも市販される前のプロトタイプだったので、市販モデルとはボディの形状が異なっていた。具体的に説明すると、フロントグリルは上下の幅が狭く、フロントフェンダーにスリットが入り、ボンネットにはダクトが設けられていたのだ。レーシングカーなので、室内もシンプルかつレーシーな構成だった。

スポンサードリンク

このTOYOTA 2000GT 細谷四方洋 グランプリ 15号車がRocky 3000GTの後継モデルを造る際の指標になるともいわれているので、今後の展開に期待したいと思う。 なお、既述したように第3回日本グランプリで3位に入賞した元レーシングドライバーの細谷氏は、トヨタ 2000GTのテストドライバー/デザインアシスタントとして開発チームの一員でもあった。

そのため、Rocky 3000GTの監修をしており、製作されたパーツを細谷氏が確認。腕のいい職人が一台一台丁寧に組んでいる。エレガントなボディスタイルはもちろん、各部のパーツも細部に至るまで徹底的にこだわって製作されているので、ロッキーオートのトヨタ 2000GTレプリカは完成度が高いのであった。
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/d28944a9ba22e1fa175a17725de09020d659e300/

2023-01-23-k002.jpg

トヨタ2000GTが相変わらず人気だ。オークションで1億円を超えたとか、逆に天井に当たって価格下がり気味など、その価格はなにかと話題になるが、日本車のなかでもトップランクの希少車であるのは確かだ。実際の相場はというと、1億円超えはとくに希少な左ハンドル車だったり、某専門店が新品パーツを投入してレストアしたもので、一般的な内容であれば1億円は超えないことが多い。

そもそもトヨタ2000GTの価値というのはどこにあるのだろうか。まずなにはなくとも生産台数で、337台(試作車含む)のみで、確かに少ない。ちなみに現存割合はかなり高いと言われているのも、登場当初から特別な存在であることの現れだろう。肝心のクルマとしての性能はどうかというと、もちろん今の基準からすればたいしたことがないものだが、3キャブ装着の直6DOHCエンジン。さらに日本車初となる、リトラクタブルヘッドライトの採用や、同じく市販車初採用となるマグネシウムホイール。また4輪ディスクブレーキも日本車初など、トピックスは多い。

ヤマハが楽器製作のノウハウを活かして作り上げたウッドパネルも欧州車的な雰囲気を醸し出すなど、あらゆる点で当時の日本車のレベルを大きく超えていたのは事実。今でいうところのプレミアムスポーツと言って間違いない資質があったのは事実。今後のEV化トレンドの今において、やはり高い技術は目を見張る。新たな車作への土台でもある…。



関連記事

[ 2023年01月23日 08:23 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp