韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  iPhone15 Proが曲面エッジ+平面フレームで確定か!?

iPhone15 Proが曲面エッジ+平面フレームで確定か!?

スポンサードリンク


リーカーのmcguire氏(@Jioriku)が久しぶりにリーク情報をTwitterに投稿、ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)同様、iPhone15 Proのディスプレイは平面だがディスプレイ端のベゼル部は曲面処理がなされており、平面部もある丸みを帯びたフレームと組み合わせられていると述べています。

同氏はまた、iPhone15 ProとiPhone14 Proを比べた場合、バッテリー容量は5,000mAhで同じ、重さは10グラム重くなる(iPhone14 Proの206グラムに対し216グラム)と記しています。 ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)のこれまでのリーク情報、ならびに今回のmcguire氏(@Jioriku)の投稿から考えると、iPhone15 Proはディスプレイパネルはベゼル部が曲面処理されており、チタニウム合金製と噂の金属フレームは背面パネル側に向けて曲面処理がなされているようです。

これらの処理により、iPhone15 Proを側面から見た際のデザインは、フレーム中心線でディスプレイ側と背面パネル側が線対称(リアカメラ部を除く)になっていると思われます。

スポンサードリンク

ディスプレイ側および背面パネル側ともに曲面処理されているという点ではiPhone11 Proに似ていますが、iPhone15 Proの金属フレームは平面の部分もあるとのことなので、iPhone X~11までのデザインと、iPhone12~14までのデザインが融合したものになりそうです。
また、ステンレススチールよりも軽量なチタニウム合金製筐体を採用したとしても重くなるのであれば、電源ボタンと音量ボタン用に搭載される2つのTaptic Engineなどによる重量増が考えられます。
https://news.livedoor.com/article/detail/23577737/


iPhone 15 Proの新しい2つの進化。とうとうアレが無くなります。

日本の携帯端末市場の大多数はiPhoneが占めている。この特殊な状況を考えれば、iPhoneの高級・高性能化や円安を背景にした値上げなどから、今後はその足元が崩れるのではないかという。「iPhone 14を買わずにiPhone 15が出るのを待っているか」という質問に6割の人が「はい」と答えているが、そのうちの多くはiPhone 15も購入しないとみる。世の中のほとんどの消費者は最新最先端のiPhoneを選んでいないからだ。

アップルは端末の販売内訳を発表していないため、正確なモデルごとのシェアは不明だ。しかし新しい端末には新しいケースや保護ガラスがつきもので、それらの販売数シェアをアクセサリメーカーに尋ねると、それはもう圧倒的にiPhone SEが多数派といえる。iPhoneの強さはプラットフォームとしての強さだ。使い勝手や製品としての作りの良さだけではなく、一度使い慣れてさまざまなサービス、アプリを引き継いで利用することを考えると乗り換えがどんどん困難になる…。



関連記事

[ 2023年01月23日 09:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
余計なアップデートも追加機能も工夫も要らない。ただ安くするか性能を良くしてほしい。
この当たり前の声に対応できなかったのがソニーでありマイクロソフト。
さてアップルは。
[ 2023/01/23 12:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp