韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国のカプロがCPL生産停止…ナイロン供給網に大打撃

韓国のカプロがCPL生産停止…ナイロン供給網に大打撃

韓国・カプロはナイロン原料のカプロラクタム(CPL)生産を6月末まで停止することを決めた。同社は同国内で唯一、CPLプラントを持つ。在庫調整局面下で、約3カ月にわたって設備を停止するのは「異例の事態」(素材大手幹部)。自動車産業や繊維産業が根付く韓国では、需要先のナイロンメーカーが複数操業する。各社の在庫能力は限られることから、材料調達への影響が懸念される。

休止設備を除くカプロの生産能力は推定年21万トン。韓国生産の大半を担い、輸出も手がける。自動車生産の回復の遅れや衣料用繊維の不振でナイロン需要が軟調なほか、中国産品の台頭などでCPLの市況は低迷している。原料・コスト高を転嫁しきれず、カプロは2022年12月期の営業損失が1223億ウォン(約122億円)、(21年12月期は360万ウォンの黒字)の赤字に転落した。

自動車産業ではタイヤコードや樹脂製部品などで幅広くナイロンが使用される。現地には財閥系化学メーカーや繊維メーカーによる年産数万トン級のナイロン生産設備が複数操業している。CPL供給が停止すればサプライチェーン(供給網)への影響は避けられず、「固体状の輸入品で代替する場合、精製コストが余計にかかるため川下の競争力低下につながる」(同)。

スポンサードリンク


CPLは中国の新増設などで需給緩和が進み、アジア市場に変化をもたらしつつある。国内に原料を含むナイロン供給網を形成してきた日韓の素材産業はこうした構造変化に揺れている。 日本は国内需要を超えるCPL生産能力を有し、21年は生産量の4割超が輸出された。ただ足元では国内化学メーカーは、CPL事業の再編に乗り出している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/381ff6a99838cb4e3d69135ed18f568e3f9a5984

2023-05-01-k001.jpg

カプロ(CAPRO Corporation)はカプロラクタム及び硫酸アンモニウム系肥料の生産を行う韓国企業。事業内容は、は衣服用タイヤコード、漁網、カーペット及びその他の製造に使用されるナイロン繊維の基本資材として利用される。硫酸アンモニウム系肥料は農業・産業などの分野で利用される。平成22年12月31日現在、同社は約94%の硫酸アンモニウム系肥料を海外諸国に輸出している。

その韓国カプロが在庫調整局面下で、約3カ月にわたって設備を停止する。日本では住友化学は22年10月に愛媛工場(愛媛県新居浜市)の年8万5000トンの生産設備を停止。さらに、UBEは24年度をめどに国内生産を大幅縮小する方針を示している。ここ10年で中国企業を中心とする新増設が相次ぎ今後も計画されていることから、海外市場はさらなる競争激化となるという。


関連記事

[ 2023年05月01日 07:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp