韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスンファウンドリ、200億ドルの売上記録したが。。。

サムスンファウンドリ、200億ドルの売上記録したが。。。

サムスン電子半導体ファウンドリ(委託生産)事業の年間売上が200億ドルを突破した。ファウンドリ事業部発足から5年目の成果だ。 7日、グローバル市場調査会社オムディア(Omdia)の調査の結果、サムスン電子ファウンドリ事業部の2022年の売上は208億ドルと集計された。サムスン電子ファウンドリの売上集計を始めた2018年の売上117億ドルと比べると、5年で売上が2倍近くに成長した。

世界のファウンドリ市場でのサムスン電子のシェアは、市場調査会社トレンドフォース(Trendforce)の調査によると、昨年第4四半期基準で15.8%。これは、メモリー半導体部門で市場シェア45%前後を占め業界1位を守っている状況とは対照的だ。遅れてファウンドリ事業に参入したサムスン電子は、昨年末のメモリー半導体価格の急落をファウンドリ部門で挽回できず、今年第1四半期の半導体部門で4兆5800億ウォン(約4690億円)の営業赤字を出した。

サムスン電子の今後の事業の中で、ファウンドリ業界1位の台湾TSMCとの市場シェアの差を縮めることが主要課題に挙げられる。TSMCの昨年第4四半期のファウンドリ市場シェアは58.5%。TSMCの昨年第4四半期の売上は6255億台湾ドル(約2兆7千万円)で、サムスン電子ファウンドリの年間売上を上回る。アイフォンとマックブックを生産するアップルを主要顧客としており、電気自動車(EV)に装着する車向け半導体の受注も増えている。

スポンサードリンク


サムスン電子はまず、ファウンドリ技術力で今後5年以内にTSMCに追いつく計画だ。技術力で優位を占める場合、自然に顧客が増え、市場競争力を確保できるということだ。サムスン電子の半導体事業部を率いるデバイスソリューション(DS)の部門長(社長)のキョン・ゲヒョン氏は4日、大田(テジョン)の韓国科学技術院(KAIST)で開かれた講演で、「我々はTSMCに4ナノ技術力では2年、3ナノでは1年ほど遅れた。2ナノに進めばTSMCも(次世代トランジスタの)GAA(Gate All Aroun)構造を適用するだろうが、その時になれば技術力が並ぶだろう」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/46661.html

2023-05-08-k005.jpg

サムスン電子は先月から4ナノ工程を基盤に、「マルチプロジェクトウェハー」(MPW)サービスを開始した。 MPWは半導体ウェハー1枚に多数のチップ設計物を製作するサービスだ。 この中、大型顧客会社のAP量産可能性が現れ、収率安定化に対する期待感も大きくなっている。

先立って、サムスン電子の半導体事業を総括するデバイスソリューション(DS)のキョン・ギェヒョン部門長(社長)は4日、大田韓国科学技術院(KAIST)で開かれた講演で、5年内にグローバルファウンドリ占有率1位を記録するTSMCに追いつくという目標を明らかにしている。

台湾市場調査会社のトレンドフォースによると、TSMCの昨年4四半期のファウンドリ市場シェアは58.5%で、サムスン電子(15.8%)と42.7%ポイント差が広がっている。 昨年3四半期(40.6%ポイント)に比べて格差がさらに広がった。


関連記事

[ 2023年05月08日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp