韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  ベトナム人の移住先人気国、韓国が10位圏外に急落

ベトナム人の移住先人気国、韓国が10位圏外に急落

世界各地の人材送出国で「人気国」だった韓国の地位が揺らいでいる、と同国の主要紙が報じた。特にベトナムで顕著で国連国際移住機関(IOM)が1~3月期にベトナム人に人気の移住希望国10カ国を調査した結果、韓国は10位圏外に急落した。わずか6カ月前の調査で韓国は1位だった。

中央日報が紹介した韓国法務部の出入国統計によると、昨年基準で韓国に滞在する外国人は224万5012人。ベトナムは10.5%の23万5007人で、在中同胞を含めた中国の37.8%(84万9804人)に次いで2番目に多い。タイが9.0%(20万1681人)、米国が7.0%(15万6562人)、ウズベキスタンが3.5%(7万9136人)などと続く。 ベトナム青年の海外移住人気は高まっている。国連によると、1~3月期に海外に出て行ったベトナム人労働者は3万7923人で過去最多を記録した。コロナ禍前の2019年1~3月期の3万2343人より約17%増えた。韓国に対する関心だけ低くなったのだ。IOMの調査で人気の1位は日本。米国、台湾、ドイツ、フランスなどの順だった。

中央日報によると、韓国の人気急落は硬直した制度のためと分析される。韓国政府は16年からベトナム労働・傷病兵・社会省と「FPSプログラムの不法滞在労働者縮小ロードマップ」を締結して運営している。

スポンサードリンク


雇用許可期限満了後も帰国しない労働者が60人以上出た地域、または不法滞在労働者の割合が30%以上出た地域からは労働者を受け入れない。個人の能力の有無とは関係なく居住する特定地域からの不法滞在者が多ければその地域の出身者を一括で受け入れないというものだ。韓国政府は昨年7月にもハイズオン省、ハティン省、ゲアン省、タインホア省の4省8地域からの労働者送出を禁止した。
https://www.recordchina.co.jp/b916119-s43-c30-d0059.html

2023-06-25-k005.jpg

韓国法務部の出入国統計によると、昨年基準で韓国に滞在する外国人は224万5912人だ。ベトナムは10.5%の23万5007人で、在中同胞を含めた中国の37.8%(84万9804人)に次いで2番目に多い。タイが9.0%(20万1681人)、米国が7.0%(15万6562人)、ウズベキスタンが3.5%(7万9136人)などと続く。

VXTは海外就労と留学ビザ準備をサポートするベトナムの業者だ。5カ所に支部があり、人材送出教育は3カ所で行われる。毎年2400~3000人が教育を受けた後に海外に送られるが、目的地はほとんどが日本や台湾。人材送出国で「人気国」である韓国の地位が揺らいでいる。国連国際移住機関(IOM)が1-3月期にベトナム人に人気の移住希望国10カ国を調査した結果、韓国はランク外だった。1位は日本で、米国、台湾、ドイツ、フランスなどが続いた。


関連記事

[ 2023年06月25日 07:56 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp