韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  訪韓日本人 1~5月に66万人で国別1位

訪韓日本人 1~5月に66万人で国別1位

韓国観光公社によると、1~5月に韓国を訪れた日本人観光客は約66万6000人に達した。外国人客全体の19.2%で、最も大きい割合を占めた。

前年同期に比べ58倍以上の増加で、新型コロナウイルス禍前の2019年1~5月の48.5%水準となる。日本からの観光客数は昨年12月に月間の訪韓観光客統計で国別1位に浮上。そこから6カ月連続してトップを守り続けている。 1~5月に韓国を訪れた日本人観光客のうち、客室乗務員などを除く約66万3000人を性別にみると、男性が34.2%、女性が65.7%だった。女性が男性の1.9倍多かった。とりわけ、21~30歳の女性は約18万3000人で、性別、年代別のいずれも最も高い割合(27.6%)を占めた。

日本人にとって韓国は短い日程で旅行でき、旅行費用も比較的安いため人気が高いとみられる。円安などで欧米などへの旅行に負担を感じる日本人の間で、韓国が魅力的な旅行先として浮上したといえる。韓日関係の改善や韓流も韓国旅行を後押ししている。

スポンサードリンク


旅行業界はしばらく日本人観光客の韓国訪問が増加するとみている。日本の旅行大手、エイチ・アイ・エス(HIS)が7月21日~8月31日に出発する自社の海外旅行商品と航空券などを分析した結果、旅行先1位にソウルが、7位に釜山がそれぞれランクインした。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/07/09/2023070980021.html

2015-03-06-wa.jpg

一方、日本を訪れる外国人1位は韓国人。日本政府観光局(JNTO)によると、1~5月に日本を訪れた韓国人は約258万3000人で、訪日外国人全体の29.9%を占めた。1位は北海道で、この調査の第1回目である2009年から14年連続で1位となった。 次いで2位は京都府、3位は沖縄県、4位は東京都、5位は福岡県となった。 魅力度ランキングで、上位の順位がほとんど変化がなかったのに対し、観光意欲度では上位の都道府県の順位が前年より大きく変動している。



関連記事

[ 2023年07月10日 08:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国は全産業が脱中国の真っ最中で、観光業は中国人を
あきらめて、日本人取り込みに必死なようだ。

日本は、全方位でインバウンド取り込み展開中。
観光庁の戦術は、とにかく「お金とつかわせる」の1点。
韓国人と中国人は扱いが違う。
韓国人:リピーターへの更なる取組・航空会社との連携強化に
よる地方誘客、消費額拡大
中国人:高所得者層の誘客強化による消費額拡大
[ 2023/07/10 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp