韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  来年の韓国最低賃金9860ウォン…1万ウォンの目前で速度調整

来年の韓国最低賃金9860ウォン…1万ウォンの目前で速度調整

最低賃金委員会(最低委)は19日、来年の最低賃金を1時間当たり9860ウォンに決めた。今年(9620ウォン)より240ウォン(2.5%引き上げ)上がった金額だ。「1万ウォン」を越えるかが焦眉の関心事だったが、最近の経済危機や人件費の上昇がもたらす企業の負担などを考慮し、引き上げの速度を調整したものと見られる。「据え置き」を主張した経営界と「1万ウォン以上」を要求した労働界は、双方とも不満を表わした。

最低委は、前日(18日)から続いた徹夜会議の末、同日午前6時頃に第15回全員会議を開き、2024年度の最低賃金を最終的に議決した。週休手当てを反映して、月給に換算すれば206万740ウォン(209時間基準)となる。先月、労働界は最初の案として1万2210ウォン(26.9%引き上げ)を提示し、経営界は「据え置き(9620ウォン)」を要求した。10回以上も繰り返された会議の末、双方は18日の第8次修正案で775ウォン(労働界は1万580ウォン、経営界は9805ウォン)まで差を縮めた。その後、公益委員らが下限=9820ウォン(2.1%の引き上げ)、上限=1万150ウォン(5.5%引き上げ)を「審議促進区間」として提示した。

18日夜12時過ぎ、労使は10回目の修正案で180ウォン(労働界は1万20ウォン、経営界は9840ウォン)まで差を縮めたが、合意には至らなかった。以後、公益委員は「9920ウォン」を仲裁案として提示した。経営界と韓国労働組合総連盟(韓国労総)は賛成したが、全国民主労働組合総連盟(民主労総)所属の労働者委員らが反対し、合意に至らなかった。

スポンサードリンク


結局、委員会は19日未明、労働界の提示案(1万ウォン)と経営界の提示案(9860ウォン)をめぐり表決した。計26人の委員が参加した中で、経営界案が17票、労働界案が8票をもらい、無効(棄権)1票が出た。雇用労働部の李正植(イ・ジョンシク)長官が3月31日に審議を要請してから、110日ぶりに出た決定だ。1988年の最低賃金制度の施行後、2016年(108日)を越えた「史上最長期間の審議」だ。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20230720/4301455/1

2023-07-21-k005.jpg

韓国の来年度の最低賃金が今年の9620ウォン(約1055円)より2.5%上がり1時間当たり9860ウォンに決まった。月給(209時間労働基準)で換算すると206万740ウォン。 韓国最低賃金委員会は18日から19日まで夜を徹した議論の末に19日午前6時ごろ第15回全員会議でこのように決めた。


関連記事

[ 2023年07月21日 07:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日韓ともに最低賃金のきまりがあって、それを守らない
未満率は、日本が1.6%、韓国は11.5%。
国内では違反が 年間10数件摘発されている。

職業紹介業界には、日本人に限らず、外国人案件もある。
労働界の喫緊の問題は、外国人労働者の就労管理だろう。
職業斡旋で稼ぐブローカーがいる。
[ 2023/07/21 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp