韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国で輸入物価、2カ月連続上昇で17カ月ぶり最大幅

韓国で輸入物価、2カ月連続上昇で17カ月ぶり最大幅

国際原油価格の急騰により、韓国で輸入物価が2カ月連続で上昇し、17カ月ぶりに最大幅を記録した。輸入物価は通常1~3カ月の時差を置いて消費者物価に影響を及ぼすだけにインフレ緩和に否定的に作用するものと見られる。

韓銀が13日発表した「2023年8月輸出入物価指数」によると、8月の輸入物価指数は135.96で(2015=100)と前月比4.4%上昇した。昨年3月に記録した7.6%以来の増加幅だ。 輸入物価は5月(-3.1%)から4カ月ぶりに下落転換し、6月まで2カ月連続下落した後、7月には0.2%上昇している。ただ、国際原油価格が急騰した前年同月と比べては7.9%下落した。 

原材料は鉱山品を中心に前月比7.2%上昇し、中間材は石炭や石油製品、化学製品などが上がり前月比3.7%上昇した。資本財と消費財もそれぞれ前月比1.6%、1.9%上昇した。

スポンサードリンク


細部品目の中では、石炭や石油製品(13.7%)が大幅に値上がりした中、機械や装備(1.0%)と第1次金属製品(2.1%)、化学製品(1.8%)、電気装備(2.0%)も上昇した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc92a6cf8e870a8e161790280600fda5eff9e158

2013-10-17-watasi-new.jpg

8月の消費者物価指数は前年同月比3.4%上昇した。前月(2.3%)に比べ上昇率が拡大したが、政府はこれを原油価格の上昇と農産物価格不安による一時的なものとし、全般的には鈍化の流れを維持していると判断した。 8月の輸出額は前年同月比8.4%減の518億7000万ドル(約7兆6500億円)で、マイナス幅は前月(16.4%)を下回った。輸入額の減少率は22.8%と輸出より大きく、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8億7000万ドルの黒字となった。3カ月連続のプラス。

7月の経常収支も35億8000万ドルの黒字だった。商品収支(貿易収支に相当)と、給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)が黒字を維持している。ただ、サービス収支は旅行収支の悪化が響き赤字だった。8月の経常収支はサービス収支赤字の継続と中間配当の影響で、黒字額が縮小する見通しだ。 内需の回復はやや足踏み状態だ。7月の小売販売は前月比3.2%、前年同月比1.7%、それぞれ減少した。8月の消費者心理指数は103.1と、基準値の100を上回ったものの前月より0.1ポイント低い。


関連記事

[ 2023年09月23日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp