韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  中国・華為がスマホ市場で復活…Appleへの脅威に

中国・華為がスマホ市場で復活…Appleへの脅威に

今後の米アップルにとって最大のリスクは、中国通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の復活だとの観測が流れている。 ファーウェイが2023年8月に発売した最新スマホ「Mate 60 Pro」には、比較的高性能の半導体が搭載されている。米CNBCによれば、これにより米政界やテクノロジー業界に衝撃が走ったという。

19年、当時のトランプ米政権はファーウェイを安全保障上の脅威とし、同社に対する禁輸措置を講じた。ファーウェイは半導体など重要部品の供給制約を受けて、スマホ事業が壊滅的な打撃を受けた経緯がある。 当時、ファーウェイが自社設計したスマホ用半導体は、TSMC(台湾積体電路製造)が製造していた。CNBCによれば、TSMCは世界最先端の半導体受託生産企業で、中国本土にTSMCに匹敵する企業はない。 米政府による禁輸措置で、TSMCからの半導体供給が途絶えたファーウェイは、しばらくスマホ市場の表舞台から消えていた。

しかし、Mate 60 Proに搭載された半導体は、中国の半導体受託生産大手、SMIC(中芯国際集成電路製造)が製造したとみられる。SMICもファーウェイ同様に米政府の制裁措置を受けている。 

スポンサードリンク


このことはSMICが西側諸国の最先端措置を用いなくとも、比較的高度な半導体を製造できることを意味している。 カナダの技術解析会社、テックインサイツによると、Mate 60 Proの半導体は7ナノメートル(nm)の技術で製造されている。7nmプロセスは最先端技術ではないものの、業界では高度な製造技術だ。 7nmプロセスには、オランダの半導体製造装置大手ASMLが手がける極端紫外線(EUV)露光装置が必要になるが、オランダ政府はこれらの装置の中国向け輸出を規制している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae284ab5511ab2ff302fe70e2ef80d76104121a9

2023-09-23-k003.jpg

インドのタクシラ研究所の副所長であるプラナイ・コタスタン氏は、古い製造プロセスに使用される装置がこれらの比較的高度な半導体用に「転用」された可能性が高いと指摘する。ただし、最先端の装置を使用した場合よりも「効率が低い」可能性があるという。 また米国が現在の制裁水準を維持するだけでも中国の半導体自立生産は難しいという展望もある。 米国の制裁は相変らず有効で、生存戦略確保のための中国半導体企業の悩みが深まっていた。非効率的な方法で7ナノを実現したSMICの工程は低い収率によって市場性は非常に落ちる。 今後米国の制裁がさらに強化される可能性は大きくない。


関連記事

[ 2023年09月23日 08:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp