韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  スト背景にEVの普及・労働力余剰で雇用不安=米自動車労組

スト背景にEVの普及・労働力余剰で雇用不安=米自動車労組

全米自動車労組(UAW)がゼネラル・モーターズ(GM)など米自動車大手3社の工場で史上初の一斉ストライキを始めてから1週間。 ストの背景には賃金への不満に加え、電気自動車(EV)の普及もある。EVはエンジン車よりも大幅に少ない労働者で生産でき、雇用不安を招いているためだ。

UAWのフェイン会長は8月末の声明で「クリーンな自動車産業への移行を支持する」とEVの普及を容認する立場を表明した。一方で「労働者が居場所を確保できるような公正な移行でなければならない」と、雇用維持の必要性も強調した。 2023年上半期のGMの米国販売に占めるEVの割合は2.8%、フォード・モーターは2.6%にすぎない。クライスラーを傘下ブランドに持つステランティスはまだ販売していない。だが3社とも30年までに5割に引き上げる方針だ。

フォードのファーリー最高経営責任者(CEO)は昨年11月、「EVを生産するのに必要な労働力は(ガソリン車より)4割少ない」と述べた。部品の自社生産を拡大し雇用維持に努めると強調したものの、従業員の危機感は高まるばかりだ。

スポンサードリンク


報道によると、UAWは労使交渉で、経営側が工場を閉鎖した場合、組合員に社会奉仕活動に携わるための報酬を支払う制度の整備を求めている。工場閉鎖や解雇を防ぐための「脅し」とみられており、経営側は警戒。交渉は依然難航しており、事態打開のめどは立っていない。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/913ac301d4c0e3480839d55405b6cc1b4ad34f2f

2023-09-24-k003.jpg

アメリカのUAW、全米自動車労働組合は、大手自動車メーカー3社に対するストライキの対象となる施設をこれまでの3か所から41か所に拡大し、ストの大幅な拡大が自動車生産や経済全体に及ぼす影響が懸念される。 UAW、全米自動車労働組合は、アメリカの大手自動車メーカーのGM=ゼネラル・モーターズやフォード、それにクライスラーのブランドを傘下に持つヨーロッパのステランティスの3社との間で労使交渉が合意できず、先週15日に3社の組合員が初めて同時にストライキに突入した。

ストはこれまで3社の3つの工場に限定し、およそ1万3000人の組合員が参加してきたが、UAWのショーン・フェイン委員長は22日、期限としてきた現地時間の正午までに労使交渉に進展がなかったとして、GMとステランティスの部品を配送する38の施設で新たにストに突入したと発表した。


関連記事

[ 2023年09月24日 07:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp