韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国サムスン、現代、LG…ロボット産業に期待

韓国サムスン、現代、LG…ロボット産業に期待

韓国サムスン電子と現代(ヒョンデ)自動車、LG電子などが市場の急成長が予想される「ロボット」に注目し、事業の拡大に乗り出した。政府もロボット産業を国家の先端産業として育成するため支援していく方針だ。

企業分析研究所リーダーズインデックスによると、国内主要企業は2021年から今年上半期まで32社のロボット・ドローン企業に1262億ウォン(1ウォン=約0.11円)を直接投資した。 代表的なのはサムスン電子だ。今年1月と3月にレインボーロボティクス株の14.99%を買収。59.94%まで確保できるコールオプション(買収請求権)契約も結んだ。 レインボーロボティクスは韓国科学技術院のヒューマノイドロボット研究センターの研究員が創業した会社で、協働ロボットや多足歩行ロボットの技術を有している。サムスン電子は半導体生産工程にヒューマノイドロボットを導入する計画だ。

これに先立ち、サムスン電子のイ・ジェヨン会長は「ロボットなど新事業分野に3年間で240兆ウォンを投入して育成する」と明らかにした。現代自動車グループもロボット事業に拍車をかけており、2021年にソフトバンクが所有するボストンダイナミックス株の80%を買収した。

スポンサードリンク


ボストンダイナミックスは1992年、米マサチューセッツ工科大学でスタートしたロボット企業で、2足・4足歩行ロボット技術で世界の先端を行く。 現代自動車のチョン・ウィソン会長は昨年1月、米ラスベガスで開かれたエレクトロニクスショーにロボット犬「スポット」を伴って登場し、「現代自動車のロボティクスビジョンが人類の無限の進歩を可能にするだろう」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e94ab57429d08010788d2dccefb2e7f1e6f42b

2023-09-25-k003.jpg

世界の産業用ロボット市場は、2021年に156億米ドルと評価されました。産業用ロボットの市場規模は2029年までに356億8,000万米ドルに達し、この予測期間中に11.4%の年平均成長率(CAGR)で拡大すると予想されている。 インド、中国、日本全体で増大する自動化需要が、アジア太平洋地域の市場の主要な成長推進要因となっている。 さらに、可処分所得水準の向上と人口の拡大により、生産能力の拡大が必要となっています。より高度で迅速な生産能力に対するニーズの高まりは、アジア太平洋地域の市場成長においてさらに高まると推定されている。


関連記事

[ 2023年09月25日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp