韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国の成長率、3年連続で「OECD平均以下」の低成長に

韓国の成長率、3年連続で「OECD平均以下」の低成長に

韓国経済の成長率が史上初めて3年連続で経済協力開発機構(OECD)の加盟国平均を下回る可能性が高まった。1996年のOECD加盟以降、成長を主導した韓国が今は平均成長率に及ばない「低成長国家」として定着しかねないと指摘されている。

OECDなどによると、韓国は過去2年間、OECD平均以下の成長率を記録した。21年のOECD加盟国の平均成長率は5.8%だったが、韓国は4.3%に止まった。昨年(2.6%)にもOECD平均(2.9%)を下回った。今年も楽観できない。OECDは19日、23年の韓国の経済成長率を1.5%と予測した。6月時点の予測を据え置いた形だが、主要国の成長率予測は上方修正された。米国は1.6%から2.2%、日本は1.3%から1.8%にそれぞれ引き上げられた。

OECDは毎年6月と11月に加盟国の平均成長率予測を発表する。6月時点での予測値は1.4%だったが、最近主要国の成長率予測が上方修正されたことを考慮すると、11月には予測値が上昇する可能性が高い。一方、韓国は1.5%の据え置きも容易ではない状況だ。韓国政府、韓国銀行などが今年の成長率を1.4%と予測し、投資銀行8行は1.1%という数値を示している。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「今後韓国でも1~2%台の成長率が定着するなど、低成長が『ニューノーマル』となった」と話した。

スポンサードリンク


対外依存度の高い韓国の輸出入の減少幅が他のOECD加盟国を上回っていることも問題だ。韓国の7月の輸出は前年比で15.5%減少し、加盟37カ国で4番目の大幅減だった。1人当たり国民所得3万ドル以上、人口5000万人以上の「3050クラブ」7カ国では韓国の輸出が最も大幅に減った。輸入は25.4%減少し、OECD加盟国で減少幅が最大だった。韓国企画財政部は「全世界で製造業の景気が低迷する状況で、製造業の割合が高い韓国が相対的に大きな影響を受けた。来年には貿易量と成長率が改善される見込みだ」と指摘した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/95158a50e21834a727d473f9e45e28d0f771152b

2023-09-25-k002.jpg

韓国の経済成長率が3年連続で経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均を下回る危機にある。代表的な低成長国の日本にも、アジア通貨危機以降初めて逆転されるとみられる。 21年、22年の2年連続で経済成長率がOECD平均を下回った国は、韓国のほかラトビア、スイス、チェコ、ドイツ、スロバキア、フィンランド、日本など。 ただ、日本は下半期に入り景気回復の傾向を見せており、今年はOECD平均を上回ると予想される。 専門家らは最近の韓国経済の浮き沈みが一時的なものではなく「低成長時代」の始まりだとの見方を示している。


関連記事

[ 2023年09月26日 07:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp