韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  活力失う韓国経済、輸入・輸出ともに大きく減少

活力失う韓国経済、輸入・輸出ともに大きく減少

2023年9月25日、韓国・エコノミストは「韓国の7月の輸出・輸入額が1年前より大きく減少し、韓国経済が活力を失っているとの懸念が出ている」と伝えた。

記事によると、経済協力開発機構(OECD)が24日に公開した統計で、韓国の7月の輸出額は前年同期比15.5%減少した。今回の統計に含まれなかったコロンビアを除いた経済協力開発機構(OECD)加盟国37カ国中、ノルウェー(マイナス50.2%)、リトアニア(マイナス16.4%)に続いて3番目に輸出額の減少幅が大きかったという。

OECD加盟国のうち、1人当たり国民所得が3万ドル以上で人口が5000万人以上の7カ国の中では韓国の輸出額が最も大きく減少した。中国の景気回復が遅れている中で、韓国経済において中国の占める割合は依然として高いため、輸出額の減少傾向が続いていると分析されている。

スポンサードリンク


一方、韓国の7月の輸入額は1年前より25.4%減少し、OECD加盟国37カ国のうち減少幅が最も大きかった。今回の統計でOECD加盟国のうち輸出額が20%以上減少したのは韓国が唯一。2位のフィンランド(マイナス17.9%)、3位の日本(マイナス17.4%)とも7ポイント以上の差があったという。 原油・ガス・石炭の3大エネルギーの7月の輸入額が前年同期比47%も減少したことで、全体の輸入額も減少したとされている。3大エネルギーの輸入額は韓国の輸入全体の20%を占めているという。
https://www.recordchina.co.jp/b921120-s39-c20-d0191.html

2023-09-26-k001.jpg

統計庁のデータベースによると、韓国の輸出依存度(名目GDPに対する通関ベースの輸出額の比率)は、2021年時点で35.6%。 主要国の中ではドイツ(38.6%)と並び、高めの水準になっている。 足元の輸出が不振な最大の原因は、主力品目の半導体の輸出減少だ(注2)。前年同期比106億ドル減(15.0%減)と、輸出総額の減少幅(80億ドル)を上回るほどだった。 半導体輸出がここまで減少したのは、半導体価格の下落によるところが大きい。

半導体メモリーの輸出単価は、2022年半ばから下落が鮮明になっている。2022年で最も高かったのは、5月。その当時のキログラム当たり2万1,700ドルが、12月には同1万400ドルと半分以下に下がった。市況回復には時間が掛かる見通しだ。かと言って、半導体に代わって輸出が好調な品目も見当たらない。そのため、当面は輸出不振が続きそうだ。


関連記事

[ 2023年09月26日 07:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp