韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  アメリカ連邦取引委員会 アマゾン・ドット・コムを独禁法違反の疑いで提訴

アメリカ連邦取引委員会 アマゾン・ドット・コムを独禁法違反の疑いで提訴

FTC(アメリカ連邦取引委員会)などは26日、ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムがオンライン市場を独占し、消費者に質の低下を招いているなどとして独占禁止法違反の疑いで提訴した。

FTCとアメリカ17の州が連邦裁判所に共同提出した訴えは、アマゾンがオンライン市場で同業他社を排除し、競争を阻害したと指摘している。 また、販売業者に対し、プラットフォーマーしての地位を乱用し、消費者の目につくよう商品を掲載する見返りに、アマゾンの物流・配送サービスの利用を強要しているとも主張した。 さらにFTCなどは市場を独占することで質の低下を招き、販売業者に過度の手数料を課していると問題視している。

一方、アマゾンは「訴えに沿えば、選択できる商品の数は減って価格は上がり、消費者への配送は遅くなり、中小企業の選択肢は減ることになる」として、争う姿勢を示している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/24005c7a7e39b6217f559c7a680c6e4fda0d0158

スポンサードリンク


米連邦取引委員会(FTC)と米国の17の州政府は9月26日(現地時間)、米Amazon.comが主力のネット通販事業で独占的な地位を悪用したとして、独占禁止法違反の疑いで提訴したと発表している。 FTCなどは、Amazonが出品者(セラー、Amazon上で商品を販売するサードパーティー業者)に対し、高額な手数料を請求しているほか、競合する通販サイト上でAmazonより低い価格で販売することを妨害し、結果的にネット全体での商品の価格を高くしていると指摘する。

2023-09-27-k003.jpg

また、プライム会員の送料を無料にする「Prime」バッジを取得させるために、出品者に高額なフルフィルメントサービスの利用を「事実上要求」しており、その結果出品者にとってのコストが高くなるとも指摘。 さらに、ユーザーが商品を検索する際に、Amazonの自社製品を優先的に表示し、公平な競争を阻害していると主張する。


関連記事

[ 2023年09月27日 07:52 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp