韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  統計改ざんは国民と経済を実験対象とした犯罪=韓国

統計改ざんは国民と経済を実験対象とした犯罪=韓国

文在寅(ムン・ジェイン)政府で起きた統計改ざんと歪曲(わいきょく)実態が監査院の監査を通じて明らかになった。監査院は関連者に対する捜査も依頼した。これが事実なら国基紊乱犯罪が汎政府次元で組織的に行われていた衝撃的な事件だ。国家政策は正確な統計を基に樹立される。この統計を改ざんあるいは歪曲したということは政策を思うままに動かしたということで、国民を欺いたことと違うところがない。

それなら文政府はなぜこのように想像することさえ難しい犯罪を敢行したのだろうか。その出発線上に文政府の国政哲学が位置する。「所得主導成長」だ。所得は生産や革新、すなわち成長の対価だ。前後関係がはっきりしている。所得主導成長はこの順序をひっくり返した。だいたい実現そのものが難しい。そのため学界では「所得主導成長論は論理的飛躍と不安定性が存在して、その因果関係が実証的に立証されていない仮説にすぎない」と一蹴する。文政府がこの理論を国政の骨子として前面に出したのは検証されていない仮説を国家経済と国民を相手に実験するという呆れるような国政運営をしたということになる。

スポンサードリンク


の最初の実験対象は最低賃金だった。2017年文政府が発足してその翌年に適用する最低賃金を16.8%も急激に引き上げた。すぐに労働市場が動揺した。外食・宿泊業はもちろん、製造業就業者も後退するなど雇用が大きな衝撃を受けた。「雇用惨事」という用語が日常化した。 初めての実験の結果が失敗の兆しを見せると政府が切った次なるカードは「雇用安定資金」だった。国家が企業に雇用された労働者の賃金を代わりに支給するという、世界中どんな国でも見たことのない珍しい政策だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/309636

2023-09-30-k001.jpg

解決のために選んだのが雇用統計という政策をゆがめることだった。最低賃金が上がった後、労働時間は減ったが、雇用は減らなかった。あきれる論理だ。雇用総量は雇用人員(n)に労働時間(h)をかけて算出する。したがって労働時間が減ったというのは雇用が減ったという意味だ。最低賃金が急激に上がって人件費負担を感じた雇用主はまず労働時間を減らす。すぐには人を減らすことができないので人件費の総額を合わせようとする苦肉の策。雇用縮小の前段階が労働時間の縮小ということだ。 だがこの論理は無惨にも崩れ去った。


関連記事

[ 2023年09月30日 07:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp