韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  中国をいつまでも市場として期待できない…対中依存からの脱却を図る「韓国」の新たな対日姿勢

中国をいつまでも市場として期待できない…対中依存からの脱却を図る「韓国」の新たな対日姿勢

韓国経済は輸出によって成り立っています。輸出依存度の高さが韓国経済の特徴。

韓国の輸出依存度(GDPに占める輸出額、2021年)は、35.6%。主要国ではドイツの38.6%に匹敵する。ちなみに、中国は19.0%、日本は15.0%、アメリカは7.6%です。輸出依存度が高いということは、輸出の好不調が経済に与える影響が大きいということ。 しかも、韓国の輸出依存は、そのまま対中輸出依存となっています。韓国の輸出全体に占める対中輸出の割合は25.3%で、これに香港を加えると31.1%に達する(2021年)。

韓国国内では「安米経中」という言葉がある。 これは「安全保障は米国、経済は中国」という意味。韓国経済は中国に依存している。もしも韓中関係に問題が生じれば、韓国経済は大きな打撃をうける。 つまり、韓国にとっての地経学的なチョーク・ポイントは、対中輸出依存ということになる。

スポンサードリンク


国にとって対中輸出依存からの脱却は、重要な課題として認識されるようになります。そもそも、韓国の輸出品は以前ほど中国で売れなくなっています。対中輸出額は2000年から2013年まで伸びつづけていましたが、それ以降は伸び悩んでいる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f64683e73f44b29365cf72db107a640d14a2dcb6?page=3

2013-12-16-tpp.jpg

原因は、中国製品の品質の向上となる。韓国製品の優位性がほとんどなくなっている。韓国製のスマホや自動車は中国市場から締め出されようとしている。第3国の市場では中国が韓国のライバルになっている。それでも中国は韓国の半導体を必要としていて、輸入量を増やしている。 ただ、この半導体製造においても中国は韓国のライバルになろうとしている。 つまり、韓国にとっては中国をいつまでも市場として期待できない段階にきている。


関連記事

[ 2023年09月30日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
潮目が変わるか?
中国市場において韓国製品は国産品にキャッチアップされ、商品付加価値が低下しています。価格競争でもベトナム製やマレーシア製に勝てなくなっています。メモリーチップさえ中国製が猛追している状況で、韓国にとって中国市場は厳しさを増しています。
いま現在、ウォンが円に対して10%ほど切り上がっていることもあって、日本への投資を有利とみているのでしょう。ただ、韓国製が日本市場でどれだけ受け入れられるかは未知数です。
[ 2023/09/30 11:38 ] [ 編集 ]
忙しい
ライター 沢辺 有司

論点が散漫で、何を言いたいのか分からない。
こういうのは、今はやりの AIの作文のだろう。
あちこちから、ネタをつまみ食いしてくるから
話が終わると思わせて、まだ終わらない。

朝鮮半島は、南北がともに地盤沈下激しく、
同時に中国の政治経済が悪化だから、韓国も
北朝鮮も政治外交の再構築に忙しそうだ。
[ 2023/09/30 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp